S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ホームページ

HP開設しました。
作品集を公開中。
オンラインストア

作品をネットで販売中。
おしらせ
うつわ取扱店
ギャラリー・茶房 佗助
さいたま市のギャラリー。
手作り雑貨「coneru」
墨田区押上の雑貨屋さん。
なつかしcafe 朱莉屋
加須市のカフェ
山猫屋
藤沢市の猫雑貨店

お取り扱い頂けるお店を募集いたしております
お問い合わせはこちらへ。
メールフォーム
リンク

結果発表!!

陶芸総合情報サイト
公募展情報
片口普及推進委員会
片口普及推進委員会
ブログリンク
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
てるみん陶工房
マチコの陶芸と趣味の日記
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
<陶芸ブログ> おぼえがき
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
upbeat mood
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
鹿児島の御茶碗屋つきの虫...
古本と陶芸 あれやこれや・・・
陶芸 睦月
陶芸生活日記
C's projects...
陶芸の技法とレシピ
samanthaの食卓
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
陶芸教室むさしの プラザ
nonacafe庵『奥の...
蛸田窯・作陶日記
陶芸の技法とレシピ 第2章
横濱酒房&GALLERY...
noraな日々
林 寧彦(はやしやすひこ...
 ☆器とアンティークを愛...
トウゲイと ネコと ソノタ
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
daylifeweblog
「創樹窯/陶芸日誌」
 陶工房「上名窯」通信・...
第29回 陶炎祭(ひまつ...
とーげいやさんになりたくて
まいにちいろいろつくる。...
mamariの陶芸日記
Ulalaかな工房日記
器からつたわる~やさしい白~
手の先の事徒然に
concept-if~黄...
瀬戸の陶芸
陶芸のひとりごと
陶芸家・大江一人 『ロク...
ギャラリー 茶房 - 侘助 -
花と野菜と器たち
陶工房 八朔日記
桃青窯696
ユニオンスクエアの窯 ☆...
Love Letter ...
ふわふわ堂
ちいさなやきもの
陶房呑器ののんびり日記
陶芸の技法とレシピ 第3章
ペンギン・インコ陶つうしん
ハンドメイド&雑貨 nu...
うつわたび
つち・ときどき・ぬの
粉花* このはな
ムースのカナダ日記
ときどき棚から出して
たかね工房~Takane...
月讀窯     
ニューヨーク*ユニオンス...
陶と生活
おうさまカフェ
陶芸とか、毎日のこととか
野村亜土 つち日blog 
うつわづくり日記
器をつくりたいー!
こけし絵日記~津軽こけし...
ワゲモノの嵐!! ワゲモ...
paradiso tra...
Ehoma 陶芸ブログ
玄米工房「キャロット」か...
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他
タグ:浮き彫り ( 17 ) タグの人気記事
片口普及推進委員会、もうすぐです。

第二回目となる片口普及推進委員会、
あと二週間後に迫ってきました。

d0034025_20131562.jpg

片口酒器とぐいのみのセット。
バランス的にぐいのみが大きいような気もしますが、まあ気にしないでください。(笑)

d0034025_2017735.jpg

秋の「じぶんでたべる」うつわ展の成果と反省をもとに改良した自助片口。
口をつけることで中の液体が横からこぼれずに飲めます。

鼻に当たる部分をカットしたU字カップほどではないものの、
反対側もゆがめてあるので鼻に当たりにくく、
あまり頭を傾けなくても飲めるのでむせにくくなってます。

両側に口がついてるのでもはや片口ではありませんけど...。

d0034025_20222686.jpg

こちらは浅めのカップ。


片口普及推進委員会ではひとりずつ役職名がついているんですが、
今回は「いきものがかり かかりちょう」。(爆)


d0034025_2028560.jpg

数はそれほど多くないけどいろいろ動物もの、ご用意してあります。


d0034025_20285399.jpg

動物といえば、気晴らしにスモーキングパンダ2号も作りました。
片口とはまったく関係ありませんけど。
しかし絵付けしてないとパンダだか何だかわかりませんね~。
[PR]
by Potter-Y | 2009-11-20 20:30 | 作品 | Comments(14)
干支の彫り物。

ここのところ来月の片口普及推進委員会に向けて、
こつこつと彫りの作業をしているので特にネタがありません...。

ちょっと前になりますが、
先週の土曜日に以前通っていた陶芸教室の作品展に行ってきました。

陶芸歴10年以上の方もたくさんいらっしゃって、さすがに力作ばかり。
なかには公募展で入賞されてる方も。

久々にお会いする方ばかりでとても楽しく、
またいい刺激を頂いてきました。

それにしても抹茶茶碗が500円とか安すぎです。(笑)


その後作品を置かせて頂いている北千住の茶翁さんへ。

久しぶりに商品の入れ替えをしてきました。


d0034025_20181635.jpg

d0034025_2018434.jpg

d0034025_20192396.jpg

d0034025_20201886.jpg

今回は来年の干支の寅をメインに置かせて頂きました。
今を逃すと次の出番は12年後になりそうなので。(笑)

実物をご覧になりたい方はぜひ茶翁さんまで。

ブログでお世話になってる呑器さんのうつわも置いてありますよ~。
[PR]
by Potter-Y | 2009-11-11 20:23 | 作品 | Comments(14)
ペンギン以外にも...

先日アップしたペンギンですが...

d0034025_20194960.jpg

なんだかちょっとさびしそう。
角度が違うと表情も変わってくるんですね~。

酸化で青磁っぽい青釉の挑戦は相変わらず。

色味はいいかなぁと思っても、浮き彫りにあうかどうかはまた別。

なので試作品でも彫らなきゃいけません。


とはいえまじめに彫りすぎても無駄になるし、
かといってつまらないものも彫りたくない。


というわけで試作品は彫りの試作も兼ねてます。

d0034025_20235832.jpg

こちらは彫りなれてない頭飾りつきペンギン、
ロイヤルペンギンのどアップ。

このサイズならそれらしく彫れそうです。

d0034025_20255937.jpg

つづいてブチ模様のネコ。
ちょっと目が怖い。(笑)
ちなみにこれは浮き彫り用黄瀬戸のテスト。

d0034025_202888.jpg

こっちは茶トラのネコ。
この色だと茶トラだかサバトラだかなんだかわかりませんが。
ブチネコよりは彫りやすそうです。

d0034025_2034024.jpg

こちらの香合は下書きを済ませて、
最初の彫り初めでいきなり手順を間違えて、
モチベーションが下がったまま結局テスト用に。
でも釉薬のバランスはなかなか良さそうですが...

d0034025_2031584.jpg

同じ釉薬でも側面を見せる形にはあわないかも。
同じ土でも蓋ものだけはなぜか貫入が出にくいんです。
釉薬の流れ方もあるんでしょうけど。

d0034025_2040515.jpg

最後は新色を使ったパンダ香合。
ひさびさにおっ!と思うものができました。

この釉薬、使えるじゃん、と思って香炉に掛けてみると、
今度は気泡だらけで浮き彫りが死んじゃいました。
うーん、やっぱり釉薬は難しいですね~。
[PR]
by Potter-Y | 2009-10-31 20:42 | 作品 | Comments(20)
いろいろできてます。

ニュースを見ていたら、陶芸小屋で一酸化炭素中毒死事件がおきたようですね。
ご冥福をお祈りするとともに、皆さん換気には十分気をつけましょう。


さてさて最近の窯出しからいくつかご紹介。

d0034025_219759.jpg
d0034025_2191645.jpg

こちらは真黒じゃない黒マットのうつわ。

色は結構気に入ってるんですが、
濃淡で色がまったく違ったり、
釉薬が剥がれたりめくれたりして、失敗が多いのが悩みの種です...。


ヤマダ窯業さんで買った瀬戸黒土、
安くていいんですけど、磁土みたいに土味がなく挽きにくいです。
なので雲母を入れて挽きやすくしたんですけど...

d0034025_21114025.jpg

入れすぎです。(爆)

いくつか釉薬を試しましたがどうもしっくりくるものがなく。

d0034025_2118274.jpg

結局いつもの感じに落ち着きましたが、
瀬戸黒土を使った意味はほとんどなし。

他の土を混ぜると色が変わっちゃうので、
目の細かい硅砂でも買って加えてみましょうか...。


d0034025_2125456.jpg

こちらは秋の新色。
何とも春らしい新緑色です。(笑)

d0034025_2134924.jpg

浮き彫り用の釉薬のテストピース、
ついでに彫りのほうもテストで、
今まで彫ってなかったマカロニペンギンを試作。
頭の飾り羽根の表現が難しいですね~。

d0034025_21365896.jpg

猫展用のネコも少しずつ増えてきました。


先日の香炉コロコロ事件で助かったはずの香炉、
結局蓋のほうにひびが入ってました。

それ以外のものは特に失敗はなかったものの、
釉薬の感じがいまいちでパッとしなかったので、
結局出品は見送りです。

やっぱりぎりぎりになって作ってるようじゃダメですね~。
[PR]
by Potter-Y | 2009-10-17 21:40 | 作品 | Comments(10)
やっと作りました。

d0034025_1952038.jpg

独立からはや一年以上が過ぎた今ごろになって粘土再生用の素焼き鉢を作りました。(汗)
大きさは直径30cm弱くらいです。
薄く挽く必要がないので楽に作れました!

今まで洗面器などで代用してましたが、
これで粘土の再生が少し楽になりそうです。

d0034025_19581385.jpg

秋の「じぶんでたべる」うつわ展に向けた小鉢。
かたちが四角で、一辺だけが高くなってるので、
普通のうつわよりスプーンですくいやすいです。
子供用のうつわにもいいかも。

d0034025_2003389.jpg

片口もちょこちょこ作り始めてます。

d0034025_2011983.jpg

最後は浮き彫りでの初パンダ作品。
焼きあがりはどうなるでしょうか!?
[PR]
by Potter-Y | 2009-07-29 20:04 | 制作中 | Comments(16)
ちょっとしたおっちょこちょいぶりで...

前回の窯に引き続き、今回もタタラのお皿のテストが入ってました。

d0034025_19521344.jpg
d0034025_19522497.jpg

どちらのお皿も反らずに焼けました!

ところで左の長皿、少し棚板にくっついてました。
でも釉薬は流れてないし、くっつくはず無いんだけどなぁ~と思ってみてみると、
何やら緋だすきにするときの藁の燃えかすみたいなのがくっついてました。

うーん、でも藁なんて使ってないし...

ああっ、そういえば!

マスキング代わりに張ってあったガムテープを剥がした記憶がありません。(笑)

ガムテープの表面に残ってた釉薬が溶けて棚板とくっついていたのでした。

油性の撥水剤を使ってるので、広い面積を塗るとクラクラくるし、
テープなら安上がりで済むのでたまに使ってます。

ところで油性の撥水剤、
パッキンのついた磁器の容器に入れてるんですが、
使ってなくても揮発してドロドロになっていきます。
なんかいい保存方法は無いですかね~。

d0034025_19594658.jpg

そんな作業と平行しつつ彫りの作業も。
こういうところでおっちょこちょい振りを発揮しませんように...。
[PR]
by Potter-Y | 2009-06-03 20:00 | 作品 | Comments(14)
限界に「再」挑戦。

先日トライしたものの見事に失敗した、3kgの粘土で40cmまで挽き上げる課題、
今日もう一度チャレンジしてみました。

そしてその結果は...

d0034025_19501360.jpg

ギリギリ40cmクリアできました!!!

前回の反省を踏まえ、以下のことに気をつけながら挽いてみました。

まずは使う粘土は硬めのものを使うこと。
高さが上がらない最大の原因はへたって下がってくることなので、
最初から柔らかいと触れば触るほどへたっちゃいます。
なので、今回は何とか菊練りのできるくらいの硬さの土でやってみたのでした。

次はなるべく手数をかけないこと。
kazbizenさんが先生に3手で上げるように指示されてるとおっしゃってたので。
でもさすがにそれは無理!!!
とにかく中心がブレることは無視して手数を少なく挽くことを意識してみました。
結果、5手くらいで38cmに到達、
そこからはちょっと時間がかかりましたがなんとか40cmまで到達しました。

それともう一つ、粘土の山の裾野をなるべく狭くして挽き始めました。
イメージとしてはとてつもなく背の高い切立を挽く感じで。
裾野が広いとその分最後に挽き上げなきゃいけない粘土が多くなるので大変です!
ただ細くて背が高い状態でスタートなので中心がぶれやすいです。

とはいえ高さはクリアできたものの、
厚みはバラバラ、回すとグニャグニャ。
何とか形にしようと悪戦苦闘するも、
壺→甕→鉢と経たのち最後はグシャ!!!

手数を抑えつつ以下に中心を保つかが次の課題になりそうですね~。

とまあ、こんな挑戦もしつつ、今日は久々の本焼きでした。
個展のときに頂いた注文の品が無事焼きあがってるか気になるところです。

d0034025_20124971.jpg

次の焼成を待つ香炉たち。
だいたい下書きのとおりに彫ってますが、
彫ったほうが少し引き締まった顔つきになってます。
[PR]
by Potter-Y | 2009-05-21 20:16 | 制作中 | Comments(20)
先日の壺、その後。

先日3kgで40cmまで挽き上げるチャレンジに見事失敗した壺
その後削ってこんな感じになりました。

d0034025_2041878.jpg


また気が向いたら再挑戦してみます!

d0034025_2095359.jpg

こちらはタタラのお皿の試作中。
どういう形で、どう乾燥させたら歪みにくいかいろいろ試してます。

d0034025_20105816.jpg

久々に彫りの作業も再開です。
画像だと何がなんだかわかりませんが...。

d0034025_20112532.jpg

こんな感じで下絵を書いてから彫ってます。

それにしても季節のせいでしょうか、
結構寝てるはずなのに寝足りない感じです。
何しろ朝に目が覚めたときから眠いので。(笑)
[PR]
by Potter-Y | 2009-05-12 20:35 | 制作中 | Comments(10)
動物いろいろ。

前回の窯では釉薬にブクが出て失敗が多かったんですが、
今回の窯は焼成温度を5度下げるとともに、
ねらしの時間を30分短くする一方、
これまで急冷だったのを40分かけて1100度まで徐冷する設定に変更。
結果は...

d0034025_2248229.jpg

一部にまだブクが出ているものの、
前回に比べると格段に少なくなりました。

それぞれの作品はダイジェストでご紹介。

d0034025_22492753.jpg

今回はネコが多めでしたね~。
こうしてみると同じ釉薬でも濃さや胎土の微妙な違いで結構色が違います。
右下のカエルだけは銅を足して濃い目にしてみました。

浮き彫りの作品以外にも...

d0034025_22515683.jpg
d0034025_2252764.jpg

こんな壺たちも入ってました。
実はこれらも焼きなおしたもの。
上の方は白マットが薄すぎたので掛けなおし、
下のほうは緋色の刷毛塗りの跡がはっきり出すぎたのでこちらも掛けなおしました。

d0034025_22543647.jpg

最後にてるとさんから頂いていた、ミニ盆栽鉢と一円玉との比較画像。
どれくらいのサイズからがミニ盆栽なのかよく分かってません。
[PR]
by Potter-Y | 2009-02-28 22:56 | 作品 | Comments(10)
色はいいんですけどねぇ~。

久々の更新、久々の窯出しでした。

まずは秋の展覧会に向けて、ユニバーサルデザインな食器の試作。

d0034025_2038345.jpg
d0034025_203853100.jpg

裏はベタ底なんですが、焼いてみるとやっぱりちょっと反りました...。
脚をつけるか、高台をつけるかいろいろやってみないと。

d0034025_20421094.jpg

こんな感じで介護用スプーンでもすくいやすくなってます。

さて今回の窯、最近やっと納得できた青の釉薬をいろいろと掛けたわけですが、
発色はいいものの、あちこちにブクが...。

そんなわけで窯出ししたさきから焼き直しのため再び窯の中へ。
最高温度を5度ほど温度を下げて、1100度まではゆっくり冷めるよう設定してみました。

そんな中でも無事焼けたものたち。

d0034025_2048018.jpg

d0034025_20483978.jpg

d0034025_20485770.jpg

d0034025_20491238.jpg

d0034025_20493596.jpg

今回はペンギンが多かったですね~。

d0034025_20502845.jpg

こちらはテスト。おもしろいんだけど、どこか悲しげに見えるのはなぜでしょう!?

d0034025_2051479.jpg

今回は緋色が派手に出ました。

焼き直しにするのが多かったので、すぐに窯がいっぱいになりました。
明日また窯焚きです!
[PR]
by Potter-Y | 2009-02-26 20:54 | 作品 | Comments(6)
最新のコメント
うつわのみせ はじめます..
by &#12514;&# at 05:58
Listed here ..
by AlbertKnoR at 23:43
ありがとうございますー。..
by Potter-Y at 01:56
それはすごく嬉しいです!..
by Potter-Y at 01:53
はじめまして。 三省堂..
by haruyoshi-k at 13:31
作品をみさせていただくと..
by ひ〜 at 21:51
ご無沙汰してます! 初..
by Potter-Y at 22:17
書店で展示会ですか。 ..
by てると at 07:57
コメントに気づかずすみま..
by Potter-Y at 12:48
ツイッターのアカウントが..
by 名乗るほどの者では…。 at 11:17
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
かわいいパクリ
from 陶芸の技法とレシピ 第3章
うつわ日和 - 堀越洋司..
from とーへんぼく
Hinomaru Ang..
from ニューヨーク*ユニオンスクエ..
展覧会ラッシュ。
from nonacafe庵『奥の院』..
公募展と個展と・・・
from 花と野菜と器たち
日本陶芸展とPotter..
from 陶片木
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
その他のブログ
ブログパーツ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧