S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ホームページ

HP開設しました。
作品集を公開中。
オンラインストア

作品をネットで販売中。
おしらせ
うつわ取扱店
ギャラリー・茶房 佗助
さいたま市のギャラリー。
手作り雑貨「coneru」
墨田区押上の雑貨屋さん。
なつかしcafe 朱莉屋
加須市のカフェ
山猫屋
藤沢市の猫雑貨店

お取り扱い頂けるお店を募集いたしております
お問い合わせはこちらへ。
メールフォーム
リンク

結果発表!!

陶芸総合情報サイト
公募展情報
片口普及推進委員会
片口普及推進委員会
ブログリンク
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
てるみん陶工房
マチコの陶芸と趣味の日記
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
<陶芸ブログ> おぼえがき
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
upbeat mood
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
鹿児島の御茶碗屋つきの虫...
古本と陶芸 あれやこれや・・・
陶芸 睦月
陶芸生活日記
C's projects...
陶芸の技法とレシピ
samanthaの食卓
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
陶芸教室むさしの プラザ
nonacafe庵『奥の...
蛸田窯・作陶日記
陶芸の技法とレシピ 第2章
横濱酒房&GALLERY...
noraな日々
林寧彦(はやし・やすひこ...
 ☆器とアンティークを愛...
トウゲイと ネコと ソノタ
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
daylifeweblog
「創樹窯/陶芸日誌」
 陶工房「上名窯」通信・...
第29回 陶炎祭(ひまつ...
とーげいやさんになりたくて
まいにちいろいろつくる。...
mamariの陶芸日記
Ulalaかな工房日記
器からつたわる~やさしい白~
手の先の事徒然に
concept-if~黄...
瀬戸の陶芸
陶芸のひとりごと
陶芸家・大江一人 『ロク...
ギャラリー 茶房 - 侘助 -
花と野菜と器たち
陶工房 八朔日記
桃青窯696
ユニオンスクエアの窯 ☆...
Love Letter ...
ふわふわ堂
ちいさなやきもの
陶房呑器ののんびり日記
陶芸の技法とレシピ 第3章
ペンギン・インコ陶つうしん
ハンドメイド&雑貨 nu...
うつわたび
つち・ときどき・ぬの
粉花* このはな
ムースのカナダ日記
ときどき棚から出して
たかね工房~Takane...
月讀窯     
ニューヨーク*ユニオンス...
陶と生活
おうさまカフェ
陶芸とか、毎日のこととか
野村亜土 つち日blog 
うつわづくり日記
器をつくりたいー!
こけし絵日記~津軽こけし...
ワゲモノの嵐!! ワゲモ...
paradiso tra...
Ehoma 陶芸ブログ
玄米工房「キャロット」か...
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他
タグ:お香 ( 18 ) タグの人気記事
香のうつわ展、本日スタート @ 向島 餘香庵
向島鳩の街通り商店街にある鈴木荘の餘香庵さんでの香のうつわ展、
本日よりスタートです。

d0034025_8554858.jpg

d0034025_8565130.jpg

d0034025_856660.jpg

d0034025_8571450.jpg

d0034025_7575457.jpg

d0034025_7583898.jpg

d0034025_759122.jpg

d0034025_7592315.jpg

d0034025_759435.jpg

d0034025_80441.jpg

d0034025_802673.jpg

d0034025_804799.jpg

d0034025_81986.jpg

d0034025_813413.jpg

およそ100点が並んで見応えありますよ。

お店にはいろんなお香も揃ってるので、
合わせて選ぶのもたのしいかも。

2012年11月5日 ~11月11日 8日休み
香のうつわ展
餘香庵-Sugarian
墨田区向島五丁目50番3号

d0034025_955388.jpg


歩いて10分ほどのikkAさんでは引き続きお茶と器展開催中。
ぜひはしごして見てくださいね。

押上のconeruさんと餘香庵さんのお隣の堂地堂さんも加えた4ヶ所をまわる、
スタンプラリーも開催中。
スタンプ集めて餘香庵さんにお持ち下さいませ。
[PR]
by Potter-Y | 2012-11-05 09:04 | 展覧会 | Comments(0)
今日の献立。

今日の献立は...

d0034025_21241569.jpg

ソーセージとブロッコリーと卵の炒め物。
しかし盛り付けがめちゃくちゃですなぁ。(苦笑)

d0034025_21253412.jpg

鶏肉とキャベツの煮物、梅肉和え。

d0034025_21265028.jpg

そして山芋に韓国海苔をのせて。

もうちょっと盛り付けと撮影の時間に余裕がないとだめですね~。


最近、以前作った小物を少しずつ撮り直してます。

d0034025_21334787.jpg


d0034025_21344153.jpg


d0034025_213255.jpg


d0034025_213338.jpg

水滴とか香炉とか、ほかにも香合とか、
小物は作るの好きなんですけどなかなか旅立っていかず、
手元にたくさん残っています。(笑)

ネット販売でもしてみようかと計画中なのでした。
[PR]
by Potter-Y | 2010-05-27 21:42 | 作品 | Comments(10)
人形町~銀座

来月3日から始まる片口普及推進委員会
今日の窯出しで、焼きなおした片口たちも無事焼きあがり、
準備もだんだん整ってきました。


さてさて窯が冷めるまでの間に、
ちょっと都内へお出かけ。


まずは以前いっしょに二人展をした相方が先月の初個展に続き、
二度目の個展を人形町で行っているので覗いてきました。

d0034025_20251113.jpg

d0034025_2025302.jpg

d0034025_20255095.jpg

d0034025_2026274.jpg

前回の個展のメインだった薪窯の作品だけでなく、
今回は唐津風の作品など手頃な使いやすいうつわもありました。

尾崎高行 作陶展 「器・うつわ・UTSUWA」
11月26日(木)~12月2日(水)
11時30分~19時(最終日17時)
ギャラリーりゅう
東京都中央区日本橋人形町2-2-7 人形町センタービル1F
TEL:03-5649-2133
FAX:03-3666-6071

すぐ近くにお香の専門店の松栄堂さんなど、
周辺にはいろんなお店もあってぶらぶらしても面白い町ですね~。



次の目的地は同じお香の専門店でも、
銀座にある香十さん。

本店は銀座コアの4階にあります。
さすがは銀座一等地のお店だけあって、
かなり格式高い感じです。

香炉や香合も作家ものもおいてあったので色々みてきました。
そして今回は香木を頂いてきました。
香木で焚いたことはないのでどんな感じになるのか楽しみです。


帰り際にふらっとあるいていると、偶然おなじ香十さんの支店が。
銀座コアから歩いて数分のこちらのお店は、
本店とうって変わって三畳弱ほどのこじんまりしたスペースですが、
空間としてはこっちのほうがすごく落ち着きます。(笑)

お店の方と色々話していたところ、
本店のほうのギャラリーは広く一般に、ではないものの、
展示の内容によっては貸し出しもしていただけるとのこと。

いつか香炉や香合だけの展示をしてみたいと思っていたので、
なかなかいい場所を見つけました。
[PR]
by Potter-Y | 2009-11-27 20:45 | 展覧会 | Comments(2)
レトロな新兵器。

d0034025_2115663.jpg

買っちゃいました。

昔懐かしのフマキラー噴霧器。
懐かしいといっても使ったことないんですけど...。

結構使ってる方もいると思うのでご存知かもしれませんが、
釉薬の吹き掛けに使います。


陶芸用の噴霧器も売ってますが、
口で噴かなきゃいけないので肺活量を鍛えなくてはいけません。(笑)


普段ほとんど吹き掛けにはしないので買ってなかったんですが、
焼き直しの釉がけではズブ掛けにしても釉薬は乗らないし、
刷毛塗りするとむらになるので、吹くのが一番なんです。


d0034025_21191870.jpg

なかなかきれいに掛かってるでしょ?

とはいえ一気に吹き掛けると流れてしまうので、
何回かに分けて吹くと良いです。

なかなか乾かないのでバーナーを使って強制乾燥。
吹く前にあらかじめオーブンとか窯でうつわ自体を温めておく手もあります。


フマキラーの難点は両手が埋まってしまうこと。
陶芸用の噴霧器だと片手にうつわ、
片手に噴霧器で釉がけできるのが利点です。


フマキラーにコンプレッサーを接続してる方もいるようなので、
手頃なのが手に入ったら試してみようかな。


さて秋も深まってだんだん寒くなってきましたが、
そうなるとロクロを挽くのも億劫になります。

なので冬場は彫りの作業をメインにしようかと計画中。


d0034025_2125163.jpg

今のうちに冬支度です。


そしてもうひとつの新兵器。

d0034025_21253228.jpg

卓上用の空気清浄機です。

彫りの作業ではどうしても細かい土の粉が飛ぶので、
長時間の作業は体に悪いし、掃除も大変。

はたしてこれでどれくらいの効果があるでしょうか。


d0034025_21271577.jpg

最後の〆はスモーキングパンダで。(笑)

コーン式のお香を長時間焚いても消えませんでした。
[PR]
by Potter-Y | 2009-11-06 21:28 | 道具 | Comments(16)
新型片口。

どこかのブログで見たのか、それともお店か本かまったく記憶が曖昧ですが、
瓢型に歪ませた片口があったので真似して作ってみました。

d0034025_20141824.jpg

口を外側に歪ませる手順は普通の片口と同じですが、
その両側を今度は内側に歪ませてあります。

この作業がなかなか楽しくてたくさん作っちゃったんですが、
よくよく考えればこうすると逆さに返して削ることができません。

d0034025_20145857.jpg

仕方ないので湿台を挽いて、これを使って削ることにしました。

d0034025_20142732.jpg

歪めた口縁に触れないような太さと高さにして片口を被せます。
後は傾きがないか確認して削るだけ。

実はいままで湿台を使った削りは苦手意識があったんですが、
今回は病み付きになるくらい気持ちよくスイスイ削れました。

今まで乾いた湿台を使うことが多かったので、
固定するのが面倒だったんですが、
挽いたばかりの湿台だと吸い付くようにうつわが固定されます。
乾燥が進んでると吸い付かないので気持ち柔らか目がいいのかも。

d0034025_20143528.jpg

調子に乗ってたくさん作っちゃいました。
どうやら用途としては片口ではなく向付のうつわらしいです。

d0034025_20244928.jpg

そのほかにもカップとか。

d0034025_20251763.jpg

香炉に...

d0034025_20252580.jpg

聞香炉と、本焼きと平行しつついろいろ作ってました。

窯の故障中に作ったものが溜まってたので、
焼成のほうもしばらくハイペースになりそうです。

粘土と釉薬の材料を注文して請求書を見たら、
たいした量を頼んでないのに思ったより高くてちょっとびっくり!
特に金属類は高いですね~。

原油価格が下がって旅行会社はサーチャージなしとかになったのに、
原油高などを理由に値上げされた材料とかは一向に安くならないですね!
[PR]
by Potter-Y | 2009-07-08 20:35 | 制作中 | Comments(8)
いろいろお店めぐり。

窯の修理のほうも気になるところですが、
今日は渋谷に用事があったので、
時間まで青山通り沿いをぶらぶらしてきました。

一眼のカメラは重たくて置いてきたので画像は無し...。
やっぱりコンパクトのも買っとこうかなぁ。

はじめに行ったのは、外苑前と表参道との間くらいにある「うつわ楓」さん。

四月に個展をしたお店のオーナーさんがお薦め、とおっしゃってたので覗いてきました。

青山通りから一本奥に入った通りにある、5坪ほどのお店ですが、
若手の作家さん中心に手頃な値段のうつわが並んでました。

特に目についたのはサイズも色も様々な片口たち。
片口普及推進委員会のメンバーとしては気になるところです!
中には直径3cmほどの豆皿片口があったり、
口の長さが数ミリしかない片口があったり。

千駄ヶ谷に姉妹店もあるようなので今度はそっちも伺ってみたいです。


続いて表参道にある箸やさん、銀座夏野へ。
秋の「じぶんでたべる」うつわ展には小さい子供用のうつわも扱う予定なので、
お店に併設されている子供用のうつわ専門の「小夏」を覗いてきました。

大人向けのうつわなら自分の手で確かめればいいんですが、
子供用となるとそうは行かないので、大きさもこんなものかなぁと観察してきました。


その後、やはり表参道にあるお香の専門店「松栄堂」へ。
人形町のお店には伺ったことあるんですが、
青山のほうは今回がはじめて。

お店の方に香炉についていろいろお話を伺ってきました。
よく見てみると、香炉の一種の聞香炉は一対になって飾られてるものがありました。
伺うと、香道の席では香を聞くときに香炉が一つだと全員に香炉が回るまで時間がかかるので、
香炉を二つ用意することが多いそうです。

その場合、大きさや深さなどが違うと香りの出方も違うので、
同じ形のものを揃えるんだそうです。
うーん、また一つお利口になりました。

他にも茶器と花器の専門店を二件はしごしてみたんですが、
大量生産のものが所狭しと並んでちょっと予想した雰囲気と違ったので、
さーっと見渡して帰ってきました。

それにしてもさすがは青山通り、おしゃれなお店がたくさん並んでますね~。
ほとんどはあまり縁のなさそうなお店ばかりですが。(笑)
[PR]
by Potter-Y | 2009-06-20 21:46 | 展覧会 | Comments(12)
完成までの道のりは長い...。

浮き彫りに使う釉薬が完成したことで、
制作のほうも本腰が入ってきました。

d0034025_20183554.jpg

ロクロを挽いて、削って、つまみをつけて、脚を削り出して、透かし彫りを入れた香炉たち。
ここまででかなりの手間ですが、
さらにこの後で彫りの作業が待ってます。

d0034025_20212656.jpg

こちらはもうひとまわり大きめの香炉。
まだ削りが終わった段階です。

d0034025_20221654.jpg

つづいて大きめの蓋もの。
サイズが大きいと身と蓋のサイズを合わせるのも大変になってきます。
あわせたはずが乾燥したら違ってたなんてことも。
なので写ってませんが蓋を一つ予備で作ってあります。

d0034025_20225424.jpg

こっちは既に挽いて削りも終わった湯飲み。
やはり彫り待ちです。

これだけの数を彫り終わるのにいったいどれくらい掛かるんでしょうか...。

d0034025_20251122.jpg

いっぽうこちらはすでに印花での装飾も終わったマグカップ。
把手が切れないようゆっくり乾燥させてます。

d0034025_20264813.jpg

おまけで前回紹介し忘れた試作品。
手前が花器、奥がミニ盆栽鉢になってます。

明日はこちらのほうでも積雪がありそうです。
今年は一度も雪かきせずに済みそうだったんですがどうなるでしょうか。
[PR]
by Potter-Y | 2009-03-03 20:29 | 制作中 | Comments(12)
片口展に向けて追加制作中。

さてさて、11/27(木)~12/2(火)に行われる片口普及推進委員会に参加させていただくことになってるんですが、出品する片口はだいたいそろったので、あとはちょっと変わったかたちのものをつくってみることにしました。

d0034025_19573318.jpg

どこまでの形が片口!?って言うはなしもありますが、今回の展示はわりとゆるいくくりのようなので、こういうのもありでいいんじゃないかと。

d0034025_19594028.jpg

ちなみにこのかたちは↑の型でとったものを二つ張り合わせて作ってます。もともとは確かコンビニでお団子か何かを買ったときの容器だったような。(笑)

最近は買い物にいくと中身よりも容器のかたち優先で買っちゃったりしてます。でも意外とこれっていうのがないんですよね~。

d0034025_2031329.jpg

単純なかたちなら自力で何とか。板を四枚張り合わせただけの単純構造ですが...。

d0034025_2041339.jpg

斜にカットしてある棒材を使うとなんと八角形の型に変身です!

d0034025_20103530.jpg

こちらは100均で売ってた缶の容器を使っての蓋もの。

d0034025_2055419.jpg
d0034025_206761.jpg
d0034025_2061757.jpg

先日のハンコも早速出動です。

d0034025_207314.jpg

香炉も白土バージョンだけが反ったりして半分以上ボツになったので、作り直しで。

d0034025_2094490.jpg

大きめの蓋ものは赤土で作ってみました。

d0034025_2014318.jpg

レリーフと合う釉薬のテスト用に久々に彫ってみました。短時間でさっと彫るには植物のほうが楽かも。

素焼きの窯がいっぱいになるまで制作の日々が続きます。

d0034025_20172525.jpg

時には自作の香炉で気分転換も。
[PR]
by Potter-Y | 2008-11-04 20:17 | 制作中 | Comments(14)
働きものの窯。

一昨日に素焼きを窯だし、その日に釉がけして翌日酸化の本焼き、そして今日窯出しでした。

d0034025_20414961.jpg
d0034025_20415864.jpg

なが~い蓋もの、なかなか難しいですね~。上のほうは蓋がちょっと短くなっちゃいました。下のほうは素焼きの時点でひびが入っていて、しかも本焼きしたら本体が歪んでました。

d0034025_20453539.jpg

ちょっと大きめの香炉は無事焼けてました。

d0034025_20445632.jpg

黒土は先日改良がうまくいったタルクマット釉との相性が良さそうです。

d0034025_2047992.jpg

赤土は伊羅保でも面白いですね。細かい文様はつぶれちゃいましたけど。この伊羅保、どちらかというと油揚手黄瀬戸に近いかも。

d0034025_20481022.jpg

白土だとまさに油揚手黄瀬戸。しっとり感も雑味も先日テストした草木灰ベースのものより数段上です。ちなみに右奥が赤土に掛けたもの。

d0034025_20513922.jpg
d0034025_20515372.jpg

このあたりは定番で。

d0034025_20522782.jpg

八角鉢も同じ組み合わせにしてみました。

d0034025_20533382.jpg

テストではうまくいっていたトルコ、本番では溶けがいまいちでした。

今日窯だししたばかりですが、再び釉がけして窯づめ、明日また電源が入ります。中古とはいえ元気にがんばってくれてます!
[PR]
by Potter-Y | 2008-10-20 20:56 | 作品 | Comments(10)
緋色作品ぞろぞろ。

先日の窯だし、もちろんテストだけでなく、定番になりつつある緋色の作品も作りましたよ。

d0034025_22332898.jpg

d0034025_22344338.jpg

d0034025_2235614.jpg

d0034025_22352830.jpg

香炉もいろいろ作ってます。二番目はトルコだったんですが、テストではきれいに溶けたのに、なぜか半マット状態。テストピースと土が違ったのがいけなかったのかも。

それよりも問題はジグザクにカットした蓋と身のかみあわせ部分。焼成中に蓋も身も微妙に外側に反り返ってしまって、きっちり収まらないものが結構できちゃいました。

まだ焼いてないのも結構残ってるんですが、もう失敗覚悟で焼くしかないですね~。やはり内側だけにしか釉を掛けないので反りやすいんでしょうか。

d0034025_22404996.jpg

d0034025_22402671.jpg

d0034025_22412533.jpg

d0034025_22414237.jpg

香合はどれも無事焼けました。やっぱり蓋受けの構造はこのタイプの方が失敗が少ないようですね。

d0034025_22422757.jpg

少し大きめの蓋ものも...

d0034025_22425030.jpg

も少し大きめの蓋ものも無事焼けてました。

d0034025_22433446.jpg

水滴が結構かわいくできたかも。

窯だししたばかりですが、早くも次の本焼きに向けて準備中。まだしばらくはテストが続きそうです。
[PR]
by Potter-Y | 2008-10-05 22:45 | 作品 | Comments(4)
最新のコメント
うつわのみせ はじめます..
by &#12514;&# at 05:58
Listed here ..
by AlbertKnoR at 23:43
ありがとうございますー。..
by Potter-Y at 01:56
それはすごく嬉しいです!..
by Potter-Y at 01:53
はじめまして。 三省堂..
by haruyoshi-k at 13:31
作品をみさせていただくと..
by ひ〜 at 21:51
ご無沙汰してます! 初..
by Potter-Y at 22:17
書店で展示会ですか。 ..
by てると at 07:57
コメントに気づかずすみま..
by Potter-Y at 12:48
ツイッターのアカウントが..
by 名乗るほどの者では…。 at 11:17
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
かわいいパクリ
from 陶芸の技法とレシピ 第3章
うつわ日和 - 堀越洋司..
from とーへんぼく
Hinomaru Ang..
from ニューヨーク*ユニオンスクエ..
展覧会ラッシュ。
from nonacafe庵『奥の院』..
公募展と個展と・・・
from 花と野菜と器たち
日本陶芸展とPotter..
from 陶片木
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
その他のブログ
ブログパーツ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧