S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ホームページ

HP開設しました。
作品集を公開中。
オンラインストア

作品をネットで販売中。
おしらせ
うつわ取扱店
ギャラリー・茶房 佗助
さいたま市のギャラリー。
手作り雑貨「coneru」
墨田区押上の雑貨屋さん。
なつかしcafe 朱莉屋
加須市のカフェ
山猫屋
藤沢市の猫雑貨店

お取り扱い頂けるお店を募集いたしております
お問い合わせはこちらへ。
メールフォーム
リンク

結果発表!!

陶芸総合情報サイト
公募展情報
片口普及推進委員会
片口普及推進委員会
ブログリンク
お気に入りブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
てるみん陶工房
マチコの陶芸と趣味の日記
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
<陶芸ブログ> おぼえがき
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
upbeat mood
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
鹿児島の御茶碗屋つきの虫...
古本と陶芸 あれやこれや・・・
陶芸 睦月
陶芸生活日記
C's projects...
陶芸の技法とレシピ
samanthaの食卓
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
陶芸教室むさしの プラザ
nonacafe庵『奥の...
蛸田窯・作陶日記
陶芸の技法とレシピ 第2章
横濱酒房&GALLERY...
noraな日々
林寧彦の陶芸ブログ
 ☆器とアンティークを愛...
トウゲイと ネコと ソノタ
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
daylifeweblog
「創樹窯/陶芸日誌」
 陶工房「上名窯」通信・...
第29回 陶炎祭(ひまつ...
とーげいやさんになりたくて
まいにちいろいろつくる。...
mamariの陶芸日記
Ulalaかな工房日記
器からつたわる~やさしい白~
手の先の事徒然に
concept-if~黄...
瀬戸の陶芸
陶芸のひとりごと
陶芸家・大江一人 『ロク...
ギャラリー 茶房 - 侘助 -
花と野菜と器たち
陶工房 八朔日記
桃青窯696
ユニオンスクエアの窯 ☆...
Love Letter ...
ふわふわ堂
ちいさなやきもの
陶房呑器ののんびり日記
陶芸の技法とレシピ 第3章
ペンギン・インコ陶つうしん
ハンドメイド&雑貨 nu...
うつわたび
つち・ときどき・ぬの
粉花* このはな
ムースのカナダ日記
ときどき棚から出して
たかね工房~Takane...
月讀窯     
ニューヨーク*ユニオンス...
陶と生活
おうさまカフェ
陶芸とか、毎日のこととか
野村亜土 つち日blog 
うつわづくり日記
器をつくりたいー!
こけし絵日記~津軽こけし...
ワゲモノの嵐!! ワゲモ...
paradiso tra...
Ehoma 陶芸ブログ
玄米工房「キャロット」か...
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他
<   2009年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
ペンギン以外にも...

先日アップしたペンギンですが...

d0034025_20194960.jpg

なんだかちょっとさびしそう。
角度が違うと表情も変わってくるんですね~。

酸化で青磁っぽい青釉の挑戦は相変わらず。

色味はいいかなぁと思っても、浮き彫りにあうかどうかはまた別。

なので試作品でも彫らなきゃいけません。


とはいえまじめに彫りすぎても無駄になるし、
かといってつまらないものも彫りたくない。


というわけで試作品は彫りの試作も兼ねてます。

d0034025_20235832.jpg

こちらは彫りなれてない頭飾りつきペンギン、
ロイヤルペンギンのどアップ。

このサイズならそれらしく彫れそうです。

d0034025_20255937.jpg

つづいてブチ模様のネコ。
ちょっと目が怖い。(笑)
ちなみにこれは浮き彫り用黄瀬戸のテスト。

d0034025_202888.jpg

こっちは茶トラのネコ。
この色だと茶トラだかサバトラだかなんだかわかりませんが。
ブチネコよりは彫りやすそうです。

d0034025_2034024.jpg

こちらの香合は下書きを済ませて、
最初の彫り初めでいきなり手順を間違えて、
モチベーションが下がったまま結局テスト用に。
でも釉薬のバランスはなかなか良さそうですが...

d0034025_2031584.jpg

同じ釉薬でも側面を見せる形にはあわないかも。
同じ土でも蓋ものだけはなぜか貫入が出にくいんです。
釉薬の流れ方もあるんでしょうけど。

d0034025_2040515.jpg

最後は新色を使ったパンダ香合。
ひさびさにおっ!と思うものができました。

この釉薬、使えるじゃん、と思って香炉に掛けてみると、
今度は気泡だらけで浮き彫りが死んじゃいました。
うーん、やっぱり釉薬は難しいですね~。
[PR]
by Potter-Y | 2009-10-31 20:42 | 作品 | Comments(20)
ペンギン焼けた。

d0034025_22565931.jpg

焼けました。
 
[PR]
by Potter-Y | 2009-10-29 22:57 | 作品 | Comments(10)
青山ギャラリーめぐり。

土曜日は知人に頼まれた秋刀魚皿を渡しに渋谷へ。

それまで時間があったので、青山のギャラリーめぐりをしてきました。


...と詳しくレポートしたい所ですが、
ここのところ目の疲れと肩こりがひどくて、
パソコンに向かうのも一度に3分くらいが限度...。

ブログでもお世話になっている桃青窯さん
うつわ楓さんと作家の野田敬子さん、
お会いできなかったけどSpiral Marketで展示されてた秋谷茂郎さん、
うつわ謙心さんと企画展でコラボされてたwagashi asobiさん

皆さんありがとうございました~。
[PR]
by Potter-Y | 2009-10-26 21:32 | 展覧会 | Comments(4)
横浜へ...。 尾崎高行 穴窯作品展「炎の足跡」

一昨年の二人展の相方が横浜元町で初個展をするというので、
ないしょで冷やかしに(?)いってきました。

d0034025_19551591.jpg
d0034025_19553044.jpg
d0034025_19553833.jpg
d0034025_19554659.jpg
d0034025_19555879.jpg

何しろ陶芸に興味を持ったのが小学生という変わり者。(笑)
その頃に窯を買ってもらって自分で焚いてたというからすごいです。

その後しばらく陶芸からははなれてたみたいですが、
大人になって再び火がつき、ついに作家の道へ。

同学年ということもあり、いい刺激をもらってます。


さて今回の個展はタイトルどおり全て薪窯の作品。
今回には間に合わなかったけど建築中の窯も完成間近、
この後の作品も楽しみです。

あくまで「冷やかし」にいったので売上には貢献せず。(笑)
その代わりしっかり宣伝しときます!


尾崎高行 穴窯作品展 「炎の足跡」

10月19日(月) ~ 25日(日)
11:00~19:00 (最終日~17:00)

ギャラリー元町
横浜市中区元町5-216
045-663-7565
http://www.group-rough.net/g-motomachi/


横浜での目的はもうひとつあったんですが、
その前にちょっと腹ごしらえ。

歩いて中華街へ...向かう前に、
ギャラリーの数件隣にあったドーナツやさんについつい惹かれました。

買ったのが揚げたてじゃなかったのが残念でしたが、
さとうきびのドーナツがおいしかったです。

さすがにそれじゃおなかいっぱいにならないので、
中華街をぶらぶらしつつ食べ歩き。


その後向かった先は前から気になっていた馬車道のうつわのギャラリー卯甲さん。

昨年、年五回の蓋ものの企画展をされていたので気になっていたのでした。
本当はその時機にうかがえればよかったんですけどね~。

企画展は先週で終わって、今日は常設のうつわが並んでいました。
こちらの方のうつわとも初対面。
拝見したのはぐいのみだけでしたが、
あの作風がギュッと凝縮されているような感じでした。

何の連絡もせず突然お邪魔したのに、
オーナーさんには最近出ている作品の傾向や、
蓋ものの企画展のお話などを伺えてよかったです。
ありがとうございました!


横浜ですから探せばもっといろいろなお店があるんでしょうけど、
この時点でほぼタイムオーバー。
あっ、駅の反対側の4フロアーある巨大ダ○ソーで、
地元では長いこと品切れになってる道具をいろいろ仕入れてきましたけど。(爆)

時間があれば港のほうにも行きたかったんですけど、
片道2時間の道のりは遠いです。(笑)
[PR]
by Potter-Y | 2009-10-20 20:31 | 展覧会 | Comments(18)
いろいろできてます。

ニュースを見ていたら、陶芸小屋で一酸化炭素中毒死事件がおきたようですね。
ご冥福をお祈りするとともに、皆さん換気には十分気をつけましょう。


さてさて最近の窯出しからいくつかご紹介。

d0034025_219759.jpg
d0034025_2191645.jpg

こちらは真黒じゃない黒マットのうつわ。

色は結構気に入ってるんですが、
濃淡で色がまったく違ったり、
釉薬が剥がれたりめくれたりして、失敗が多いのが悩みの種です...。


ヤマダ窯業さんで買った瀬戸黒土、
安くていいんですけど、磁土みたいに土味がなく挽きにくいです。
なので雲母を入れて挽きやすくしたんですけど...

d0034025_21114025.jpg

入れすぎです。(爆)

いくつか釉薬を試しましたがどうもしっくりくるものがなく。

d0034025_2118274.jpg

結局いつもの感じに落ち着きましたが、
瀬戸黒土を使った意味はほとんどなし。

他の土を混ぜると色が変わっちゃうので、
目の細かい硅砂でも買って加えてみましょうか...。


d0034025_2125456.jpg

こちらは秋の新色。
何とも春らしい新緑色です。(笑)

d0034025_2134924.jpg

浮き彫り用の釉薬のテストピース、
ついでに彫りのほうもテストで、
今まで彫ってなかったマカロニペンギンを試作。
頭の飾り羽根の表現が難しいですね~。

d0034025_21365896.jpg

猫展用のネコも少しずつ増えてきました。


先日の香炉コロコロ事件で助かったはずの香炉、
結局蓋のほうにひびが入ってました。

それ以外のものは特に失敗はなかったものの、
釉薬の感じがいまいちでパッとしなかったので、
結局出品は見送りです。

やっぱりぎりぎりになって作ってるようじゃダメですね~。
[PR]
by Potter-Y | 2009-10-17 21:40 | 作品 | Comments(10)
猫、準備月間。

参加することになった猫展はまだまだ先ですが、
結構時間のかかる作品が多いので、
今から少しずつ準備してこうかと思ってます。

動物ものはいろいろ作ってますが、
子供の頃から3匹も猫を飼っていたのに、
猫をつくるのはちょっと苦手。

なにしろ猫の箸置きを作っていた頃は、
「このわんちゃん、かわいいわね~」とよく誉められました。(笑)

正面や側面は何とかごまかせるようになってきましたが、
斜めを向いたものだと立体的に形をとらえてないと難しいです。

でも頭の中で理解するのは難しい...

なんて考えてるより、作っちゃったほうが早いんです。

d0034025_2240398.jpg

正面は結構それらしくなってます。
頭だけっていうのはちょっと怖かったりしますけど。

d0034025_22411818.jpg

少し上の角度から。
ちょっと微妙になってきました。
鼻頭のあたりと耳がちょっと変かも。

d0034025_2243582.jpg

問題の斜めから。
それらしい部分もあるんですが、
ほっぺたのあたりがちょっと変かな。

実物がいればいいんですが、現在は飼ってないので、
いろんな角度の写真を見ながら調整です。

こうして実際に作ってみると、
どこがどれくらい出っ張っててとか、これはこれくらいの位置とか、
描いてるだけじゃわかりにくい部分に気づいて勉強になります。


d0034025_22484069.jpg

猫準備期間って言ってるそばからこんなのもつくってるし。

d0034025_22491942.jpg

生後まだ数ヶ月くらいのコウテイペンギンのヒナで。

d0034025_22503414.jpg

こちらも胸とか背中の張り具合が作ってみてなるほど、という感じでした。


d0034025_22514471.jpg

こちらは手元に資料がなくて、イメージで作ったイルカ。
本当はもう少ししっぽ(?)が細くて長いようです。


三体ともかたまりではなく中空にしてあります。
かたまりから穴を開けてぐいのみを作り、
それを二つ組み合わせるようなイメージです。

ただかたまりと違ってこっちを押すとあっちが出っ張ったりします。
あとはプニプニしてるので妙に触感がリアルです。(笑)
[PR]
by Potter-Y | 2009-10-14 22:54 | 制作中 | Comments(14)
ひさびさにやらかしました。

待ち合わせの日にちを一日間違えて以来、
呑器さんに「おっちょこちょい同盟」入りを認められておりましたが、
ここのところ目立った事件はありませんでしたが...

それは昨日、香炉に釉がけ・窯づめをしていたときのこと。

釉がけの終わった丸い香炉を四つ、
横着して不安定な場所に置いた板に乗せてありました。

程なく窯づめを始めて、まず端の香炉をひとつ。
そして隣の香炉を持ち上げると...

相手を失ったシーソーのように板がカタンと倒れ、
残っていた二つの香炉はコロコロと。

ひとつはその場に留まりましたが、
もうひとつはドングリかおにぎりのように転がりつづけて、
向かった先はお池、ではなく玄関の土間。

持ち上げた香炉を抱えた手では捕まえることもできず、
ただその行く末をスローモーションのように見守るのみでしたが...

転がった香炉はふっと姿を消すとともに、
カシャっというむなしい音が。(笑)

d0034025_2055960.jpg

予想通りの粉々状態!!!

一瞬の間の後、頭に浮かんだのは、
ここまで作って壊れたショックと、
横着した自分にあきれる気持ち、
そして「うーん、格好のブログネタができた」。(爆)


実はこの三番目がすごく大事で、
ネタにして笑ってもらうと結構気分が晴れたりします。
自虐ネタで笑いを取るお笑い芸人の気分!?


なんていいつつもネタにするのを待つまでもなく、
衝突事故から一分後には立ち直って窯づめ再開しました。(笑)
こうやって立ち直りが早いからあまり反省しないんでしょうね~。


d0034025_2183747.jpg

ちなみに転がったのはこの香炉。
こういうときは得てして一番手を掛けたものが壊れるもんですね。
まあ、一度作ったものはまた作れるし、
二度目だからもっといいのができるでしょう。


出来がよければ某所に送り込もうかともくろんでましたが、
どうするかは残りの出来栄えを見てからですね。


さてその某所とは別にこんなものを見つけました。

第一回 北の動物大賞展

「動物」につい反応してしまいましたが、
今回が第一回の公募展だそうです。

北海道に住む動物をモチーフにした作品がテーマですが、
動物園にいる生き物でもいいそうです。


基本的に自然の中の動物を題材にするのが好きなんですが、
ペンギンも捨てがたい。(笑)

出品するかどうかはわかりませんが、
第二回、第三回と続いてほしいところですね。
[PR]
by Potter-Y | 2009-10-11 21:13 | 制作中 | Comments(18)
いくつかおしらせ。

...まずはお知らせの前に、
日曜日に終わった「じぶんでたべる」うつわ展について、
こまつかさんがまとめを書いてらっしゃるので、
興味のある方はご覧下さいませ。


さて以前もちょっとご紹介しましたが、
去年の年末に札幌で行われた「片口普及推進委員会」、
今年も参加することになりました!

d0034025_2185615.jpg

今回も現地でお手伝いするのは難しそうなので、
せめてちょっとお役に立てればと案内状作りを担当しました。

表裏(どっちが表だかわかりませんが)両方に写真を入れてみたり、
宛名面を二色刷りにしたりやりたい放題やってみましたが、
意外と好評いただけたので良かったです。(笑)


案内状ご希望の方は、
鍵コメントかメールフォームにご氏名・ご住所・郵便番号をご記入くださいませ。

「片口普及推進委員会 '09 ~2回目も片口だらけです~」

日時:2009年12月3日(木)から8日(火) 
時間:10:00~19:00(最終日は16:00まで)  
会場:アートスペース201 6階C室 
札幌市中央区南2条西1丁目7-8 山口中央ビル
TEL 011-251-1418  

陳野原久恵(陶房 呑器) / 伊丹裕子(うつわ陶陶斉) / こまつか苗(ペンギン・インコ陶工房)
玉川玲子(陶工房Pino) / 堀越洋司 / 山野照人(工房てると) / 山本則子(楽遊☆工房)



そしてお知らせその2。

来年四月からなのでまだ先ですが、
鎌倉の鎌倉古陶美術館で行われる「猫展」に参加することになりました。

陶芸だけでなく、絵画や彫刻などの20人の作家が参加する予定です。
会期が一ヶ月と長期の展示会はこれが始めて。
鎌倉ならチョコチョコ顔を出せそうです。

詳細が決まったらまたご連絡しますね~。
[PR]
by Potter-Y | 2009-10-09 21:20 | 展覧会 | Comments(6)
「じぶんでたべる」うつわ展、無事終了しました。

日曜日まで行われていた「じぶんでたべる」うつわ展
お世話になったこまつかさん、よしいさん、勝尾さんのおかげで無事終了しました。

本日荷物が送ったときより大きな箱になって帰ってきました。(笑)
もちろんちゃんと売れて点数は減ってますが、
送るときはこれでもかというくらいぴっちり詰めてるので、
丁寧に包んでもらうと荷物が膨れ上がってしまいます。

片口のときにお世話になった皆さまにはなんとなく想像できるでしょう。(爆)


さて体の不自由な方やお年寄りにも使いやすい自助食器がテーマでしたが、
出品したうつわの中でも大きく明暗が分かれました。

d0034025_2153971.jpg

今回一番動いたのはこちらのマグカップ。
出品されていたカップ類の中でも人気だったようです。

工夫して持ちやすくした把手も好評だったようですが、
それと同時に「軽い」ということも大きな要因だったようです。

今回対象とされる方には筋力の落ちている方も多いですし、
やはり手に持って使ううつわは軽いほうがいいんですね。

このデザインでよかったんだ、と実感できたのは大きな収穫でした。

もうひとつ、お験し用のカップを実際に使っていただいたのも大きかったかも。


一方で...

d0034025_21121228.jpg

大・中・小あった角鉢のほうは全滅状態。(笑)

一緒に出品していたよしいさんも丸い鉢は売れて角鉢はほとんど動かなかったそうで、
やはり丸い形のほうが好まれるみたいです。
個人的には丸より角のほうがスプーンですくうときに逃げなくていいと思ったんですが。

それとスプーンでたべるのをイメージしたんですが、
釉薬がマットで、しかも味を出すために粗い粒子が入ってるので、
どうしてもスプーンだとザラザラした感じが伝わるのもマイナスかも。

箸でたべるときはあまり気にならないんですが、
スプーンを使ううつわの場合はガラス質のほうが心地よいですね。

あとはふつうのうつわの場合と同じように、
何を盛ってどうたべるかというイメージが沸きづらいと難しいのかもしれません。
お試し用のうつわを用意しておけばよかったですね~。

d0034025_21224492.jpg

こちらの手付き鉢もダメでした。(笑)
原因は↑の鉢とほぼ同じですかね~。

手前側が片口になっていたらよかったかも、というこまつかさんのご意見には納得です。
片口は注ぐためのイメージが強いですが、
口もとに麻痺のある方にとっては片口になっていることで、
横からこぼれることなく口に運びやすいんだそうです。
さすがは片口、奥が深いです。


そんなわけで終わってもなお難しい今回のテーマでしたが、
これでつくるのをやめちゃうとせっかくの成果と課題が無駄になっちゃうので、
これからもいろんな形で作っていきたいと思います。

でもしばらくは作りたくないかも...。


それから今回の企画展は新聞はじめ、ラジオ、テレビと様々な地元メディアから取材が来ました。
介護の現場に関わってる方もたくさんこられて、
味気ないプラスチック製品でなく、こうしたうつわを使えたらというご意見がいくつもあったようです。

またデパートの介護関連の売り場の方は、
樹脂製の器でなく陶磁器の自助食器はないのかという問合せがしょっちゅうあるみたいですね。

こまつかさんもまとめておられましたが、
今回の企画でわかったのはこうした温かみのある自助食器に対する関心・ニーズが予想以上に高いこと。
でも実際に作られている陶芸家はごくわずかです。

もっと多くの方がこうしたうつわをつくるようになれば選択肢も大きく広がりますし、
いろいろなアイディアが集まればより使いやすい器ができてくるんだと思います。

もし興味のある方がいらしたらぜひ一度作ってみてくださいませ。
[PR]
by Potter-Y | 2009-10-07 21:38 | 展覧会 | Comments(16)
「じぶんでたべる」うつわ展、あと二日です。

京都のくらふとギャラリー集で行われている「じぶんでたべる」うつわ展も、
残すところあと二日になりました。

展示の様子が京都新聞で紹介されたり
ラジオで放送されたりと予想以上の反響がありましたが、
明日はテレビの福祉番組の取材もこられるようです。

こんな活動をしてる人たちがいるんですよ~みたいな紹介になりそうですが、
今後も自助食器の制作は続けていくつもりではあったものの、
後に引けなくなりそうです。(笑)

とはいえ最初はどうなることかと思っていた自助食器作りも、
こうして反響があると改めて参加して良かったと思います。


今回の展示も残すところあと二日、
今週は不安定な天気が続きましたが、
明日はどうやら天気良さそうですね。

お近くの方はぜひお出かけくださいませ。
ハプニング的にテレビに映りたい方もぜひどうぞ。(爆)

9月29日(火)~10月4日(日)
「じぶんでたべる」うつわ展
くらふとギャラリー「集」京都・堺町御池下ル丸木材木町680-3
TEL 075-254-3720
[PR]
by Potter-Y | 2009-10-03 01:17 | 展覧会 | Comments(10)
最新のコメント
うつわのみせ はじめます..
by &#12514;&# at 05:58
Listed here ..
by AlbertKnoR at 23:43
ありがとうございますー。..
by Potter-Y at 01:56
それはすごく嬉しいです!..
by Potter-Y at 01:53
はじめまして。 三省堂..
by haruyoshi-k at 13:31
作品をみさせていただくと..
by ひ〜 at 21:51
ご無沙汰してます! 初..
by Potter-Y at 22:17
書店で展示会ですか。 ..
by てると at 07:57
コメントに気づかずすみま..
by Potter-Y at 12:48
ツイッターのアカウントが..
by 名乗るほどの者では…。 at 11:17
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
かわいいパクリ
from 陶芸の技法とレシピ 第3章
うつわ日和 - 堀越洋司..
from とーへんぼく
Hinomaru Ang..
from ニューヨーク*ユニオンスクエ..
展覧会ラッシュ。
from nonacafe庵『奥の院』..
公募展と個展と・・・
from 花と野菜と器たち
日本陶芸展とPotter..
from 陶片木
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
その他のブログ
ブログパーツ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧