S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ホームページ

HP開設しました。
作品集を公開中。
オンラインストア

作品をネットで販売中。
おしらせ
うつわ取扱店
ギャラリー・茶房 佗助
さいたま市のギャラリー。
手作り雑貨「coneru」
墨田区押上の雑貨屋さん。
なつかしcafe 朱莉屋
加須市のカフェ
山猫屋
藤沢市の猫雑貨店

お取り扱い頂けるお店を募集いたしております
お問い合わせはこちらへ。
メールフォーム
リンク

結果発表!!

陶芸総合情報サイト
公募展情報
片口普及推進委員会
片口普及推進委員会
ブログリンク
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
てるみん陶工房
マチコの陶芸と趣味の日記
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
<陶芸ブログ> おぼえがき
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
upbeat mood
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
鹿児島の御茶碗屋つきの虫...
古本と陶芸 あれやこれや・・・
陶芸 睦月
陶芸生活日記
C's projects...
陶芸の技法とレシピ
samanthaの食卓
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
陶芸教室むさしの プラザ
nonacafe庵『奥の...
蛸田窯・作陶日記
陶芸の技法とレシピ 第2章
横濱酒房&GALLERY...
noraな日々
林寧彦(はやし・やすひこ...
 ☆器とアンティークを愛...
トウゲイと ネコと ソノタ
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
daylifeweblog
「創樹窯/陶芸日誌」
 陶工房「上名窯」通信・...
第29回 陶炎祭(ひまつ...
とーげいやさんになりたくて
まいにちいろいろつくる。...
mamariの陶芸日記
Ulalaかな工房日記
器からつたわる~やさしい白~
手の先の事徒然に
concept-if~黄...
瀬戸の陶芸
陶芸のひとりごと
陶芸家・大江一人 『ロク...
ギャラリー 茶房 - 侘助 -
花と野菜と器たち
陶工房 八朔日記
桃青窯696
ユニオンスクエアの窯 ☆...
Love Letter ...
ふわふわ堂
ちいさなやきもの
陶房呑器ののんびり日記
陶芸の技法とレシピ 第3章
ペンギン・インコ陶つうしん
ハンドメイド&雑貨 nu...
うつわたび
つち・ときどき・ぬの
粉花* このはな
ムースのカナダ日記
ときどき棚から出して
たかね工房~Takane...
月讀窯     
ニューヨーク*ユニオンス...
陶と生活
おうさまカフェ
陶芸とか、毎日のこととか
野村亜土 つち日blog 
うつわづくり日記
器をつくりたいー!
こけし絵日記~津軽こけし...
ワゲモノの嵐!! ワゲモ...
paradiso tra...
Ehoma 陶芸ブログ
玄米工房「キャロット」か...
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他
<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
試作はつづく...

秋の「じぶんでたべる」うつわ展に向けての試作は続きます。

d0034025_21133489.jpg

スプーンですくいやすい四角いお皿。
一ヶ所だけ深くしたもの、対角線の二ヶ所を深くしたもの、全体が深いもの。
とりあえず焼いてみてどれが使いやすいかテストです。

d0034025_2115969.jpg
d0034025_21151874.jpg
d0034025_21152981.jpg

子供向けのうつわもいろいろ。
どのくらいのサイズが使いやすいのか、
自分ではテストできないので難しいところもありますが、
障害のある方向けのうつわよりもつくるのは気が楽ですね。

d0034025_211864.jpg

自助食器のほかにもカップとか。

d0034025_21193036.jpg

こちらは先日作った黄化粧に合う粘土のテスト。
どうしても酸化だと赤土の色がベタッとした茶色で好きじゃないので、
黒土を使って試してみたんですが、
ボソボソっとした土だったので、気がつけばこんなことに。

さてさて、窯のほうのその後は...。

修理前にメーカーに部品の見積もりを頼んでたんですが、
もう部品を準備しちゃったらしく、
まあ、いずれそのうち必要になることもあるだろうと思って、
結局頼んじゃいました。
値段もたいした額じゃなかったので。(笑)

d0034025_2124772.jpg

金属棒にカンタル線を溶接するのは素人には難しい、ということで、
すでに線を溶接した状態のものを送ってもらいました。

そして本日いよいよ素焼き!
窯の様子をちらちら見ながら釉薬の準備をしてましたが、
至って順調に進み、予定通りに終了しましたよ~。
ごくごく小さな火花がちかちかしてたのはちょっと気になりましたが...。

明日釉掛けが済めばいよいよ本焼き。
果たして無事使えるようになってるんでしょうか!?
[PR]
by Potter-Y | 2009-06-28 21:29 | 制作中 | Comments(14)
窯は直った!?

先日、窯の配線の張替え中にカンタル線を折ってしまいましたが、
何とか自力で直そうと悪戦苦闘。

まずはこの作業に不可欠な...

d0034025_2111510.jpg

バーナーをホームセンターで仕入れてきました。

電気窯に使ってあるカンタル線、
常温のまま曲げようとするとパキッと簡単に折れちゃうんです。
なのでバーナーで炙って赤熱した所を曲げなくてはいけません。

大きいバーナーとどちらを買うか迷ったんですが、
片手にバーナー、片手にペンチを持っていても、
安全に作業できそうなのでこちらを選びました。

最初は火力が足りないかと思いましたが、
最大火力にしたらなんとか作業できました。

d0034025_2110253.jpg

修理前はこういう状態でしたが...

d0034025_21103656.jpg

格闘すること約一時間、
こんな感じに仕上がりました。

まずは窯の外から差し込んである金属棒の先端に、
ルーターを使って溝をぐるっと彫っていきました。
これはカンタル線との接地面をなるべく広くするため。

そしてバーナーを使ってカンタル線を温めつつ、
あっちを曲げ、あっちを延ばしとやっていたら、
なんとかきれいに巻きつけることができました。

メーカーさんによるとちゃんと溶接しないとショートして断線しますよ、ということですが、
さすがに溶接はやったことないので、
まずはこれで試してみるしかありません。

そして早速窯の電源をスイッチオン...



動いてます。(笑)

その後、100度ちかくまで上がったところでひとまずテスト終了。

後は素焼き、本焼きの温度にしっかり耐えられるかどうかです。
素焼きにする作品が溜まったらまた次のテストです。


一方、秋の「じぶんでたべる」うつわ展に向けての試作もぼちぼち進んでます。

d0034025_21364583.jpg

こちらは先日焼きあがったカップたち。
手前のネコ把手と、意外にも奥から二番目のペンギン把手が持ちやすかったです。

d0034025_21344820.jpg

ネコ把手をつけた碗いろいろ。

d0034025_2135173.jpg

把手の反対側には滑り止めとして魚が。

d0034025_21351059.jpg

こちらはノーズカップという、鼻の当たる部分をカットしたカップ。
鼻が当たらないので、頭を後ろにそらさないでも飲める形です。
手前は明らかにこまつかさんに影響されたペンギンカップ。(笑)
真ん中はイルカ、奥はサカナ、のつもりです。
ひれの部分に指が引っかかるようになってます。

そうそう、こまつかさんが「じぶんでたべる」うつわ展のブログを立ち上げてくれました。
良かったら覗いてみてくださいませ~。


d0034025_21361927.jpg

そういえば先日新たな道具を手に入れました。
1L用のポットミル、擂るための玉もたくさん入ってました。

でも見るを回す肝心な機械がありません。
なので手でコロコロ、足でコロコロ。
果たして効果はあるんでしょうか。(笑)
[PR]
by Potter-Y | 2009-06-23 21:46 | 修繕 | Comments(16)
いろいろお店めぐり。

窯の修理のほうも気になるところですが、
今日は渋谷に用事があったので、
時間まで青山通り沿いをぶらぶらしてきました。

一眼のカメラは重たくて置いてきたので画像は無し...。
やっぱりコンパクトのも買っとこうかなぁ。

はじめに行ったのは、外苑前と表参道との間くらいにある「うつわ楓」さん。

四月に個展をしたお店のオーナーさんがお薦め、とおっしゃってたので覗いてきました。

青山通りから一本奥に入った通りにある、5坪ほどのお店ですが、
若手の作家さん中心に手頃な値段のうつわが並んでました。

特に目についたのはサイズも色も様々な片口たち。
片口普及推進委員会のメンバーとしては気になるところです!
中には直径3cmほどの豆皿片口があったり、
口の長さが数ミリしかない片口があったり。

千駄ヶ谷に姉妹店もあるようなので今度はそっちも伺ってみたいです。


続いて表参道にある箸やさん、銀座夏野へ。
秋の「じぶんでたべる」うつわ展には小さい子供用のうつわも扱う予定なので、
お店に併設されている子供用のうつわ専門の「小夏」を覗いてきました。

大人向けのうつわなら自分の手で確かめればいいんですが、
子供用となるとそうは行かないので、大きさもこんなものかなぁと観察してきました。


その後、やはり表参道にあるお香の専門店「松栄堂」へ。
人形町のお店には伺ったことあるんですが、
青山のほうは今回がはじめて。

お店の方に香炉についていろいろお話を伺ってきました。
よく見てみると、香炉の一種の聞香炉は一対になって飾られてるものがありました。
伺うと、香道の席では香を聞くときに香炉が一つだと全員に香炉が回るまで時間がかかるので、
香炉を二つ用意することが多いそうです。

その場合、大きさや深さなどが違うと香りの出方も違うので、
同じ形のものを揃えるんだそうです。
うーん、また一つお利口になりました。

他にも茶器と花器の専門店を二件はしごしてみたんですが、
大量生産のものが所狭しと並んでちょっと予想した雰囲気と違ったので、
さーっと見渡して帰ってきました。

それにしてもさすがは青山通り、おしゃれなお店がたくさん並んでますね~。
ほとんどはあまり縁のなさそうなお店ばかりですが。(笑)
[PR]
by Potter-Y | 2009-06-20 21:46 | 展覧会 | Comments(12)
広がる傷口。

厳密には「広がる」ではなく「広げた」傷口ですが...。

先日お伝えしたとおり、窯に電源が入らなくなってました。
で、原因はだいたい予想のとおり、窯ではなくコンセントのほうでした。
まあ、それは何とか無事修理して、窯の電源も入り、テスト昇温も無事確認。

翌日、改めて本焼きスタート、の30分後でした。

バリ、バリバリバリといういや~な音が!!!

慌てて窯に駆け寄ると、窯から火花がスパークしてます!

急いでブレーカーを落とすも時既に遅し、
ヒーター線に繋がる配線が切れてました。


さすがに火花にはびっくりしましたが、
配線が切れるのは何度かあったので、
切れた線を応急処置で繋ぎなおして本焼き再開!

途中何度かバチッという音が聞こえたような気もしますが、
とりあえず温度は上がりつづけてるのでそのまま放置。
結局最後は予定通りに本焼き終了となりました。


...と、ここまでは良かったんですが。


今朝、応急処置で繋いだ配線をしっかり金具を使って繋ごうとナットを外していると...

今度はパキッというさらにいやぁ~な音が...

d0034025_20301563.jpg

画像じゃちょっと分かりにくいですが、
矢印の先の、窯の外に繋がる金属棒とのつなぎ目でカンタル線が折れてます。(涙)
余計なことしなきゃよかった~なんて思っても後の祭りです。

カンタル線が途中で切れてるなら何とか繋ぎようもありますが、
こうなるとどうしようもありません。

結局メーカーに問い合わせて、
金属棒にカンタル線を10cmほど繋いだ状態のものを送ってもらう予定です。

でもその前に、金属棒にカンタル線を巻きつけたら使えないかどうか実験予定。
転んでもただじゃ起きません。

バーナーも買ってきて早速テスト。
そのまま一気にやりたいところですが、
ここで急ぐとさらに傷口を広げそうなので、
後日改めて挑戦してみます。


ところで本焼きの窯の中身はしっかり焼けてましたよ~。

d0034025_20361322.jpg

先日作ったテスト用の豆皿も早速活躍。

中でも一番おもしろかったのは...

d0034025_2039334.jpg

先日の鉄の粒が残ってしまった黄瀬戸にベンガラを足した飴釉。
単一な飴色ではなく、色の濃い部分と薄い部分がモザイク状になって、
べっ甲みたいな感じになってます。

でも、もう一度この釉薬を作ろうと思ってもたぶん作れません...。

d0034025_2041334.jpg

一方こちらは黄化粧のテスト。

いつも使っている、カオリン:木節粘土:石灰石が7:2:1の白化粧に、
黄土を5%(左)10%(上)15%(右)加えたものです。
それぞれ右上の部分だけ失透の透明釉を掛けてあります。

まあ、普通の白化粧よりそれぞれ味はあるんですが、
さすがに還元のようには行きませんね~。


制作のほうもゆっくり進行中。

d0034025_2046102.jpg

年末になって焦らないように、今のうちから少しずつ準備してます。

d0034025_2046585.jpg

蓋ものは一気に作ったほうが見と蓋をあわせやすいのでたくさん作ったら、
ちょっと作りすぎたかも。(笑)
[PR]
by Potter-Y | 2009-06-19 20:49 | 釉薬 | Comments(16)
釉がけして、窯づめして、スイッチオン...ん!!!

あまりはっきりしない天気の中でようやく乾燥も終わり、
昨日素焼きを窯出しして、今日釉がけ。
そのまま窯づめをして夕方にセット、しようと思ったんですけど...

コンセントを差し込んでも窯に電気が通じてません!!!

考えてみればここのところコンセントの接触が悪くて、
差し込む角度によって電気が入らなかったりしたことはあったんですが、
今回はどう足掻いてもまったく反応なし...。

窯のほうの配線もちょっと切れかかってる部分があったので、
そっちのほうが問題ならすぐ直せるんですが、
コンセントだと電気屋さんに来てもらわなきゃいけないかも...。

とりあえず明日配線をチェックしてそれからですね。

せっかく明日の朝から窯が焚けるように釉がけと窯づめ終わらせたのに!
まあ、中古の窯ですから、これくらいのトラブルは仕方ないですね~。


そういえば、昨日は足立区の綾瀬にあるうつわのお店、『隼-しゅん-』さんにいってきました。

まさに下町って感じのごちゃごちゃっとした商店街の中に、
真新しくてきれいなお店が突然現れました。

店内も染付けやガラスのうつわを中心に清潔感あふれる感じでした。
ご主人も気さくな方でいろいろお話して帰ってきました。

お近くにお寄りの際は覗いてみるといいかもしれませんよ~。

隼-しゅん-
営業時間 AM 10:00~PM8:00
定休日:なし(不定休)
東京都足立区綾瀬1-33-16
Tel:03-3601-3382
東京メトロ 千代田線 JR 常磐線
綾瀬駅西口より 徒歩1分
[PR]
by Potter-Y | 2009-06-16 22:09 | 制作中 | Comments(6)
いろいろ作ってます。

秋のグループ展に向けて作った自助食器、
個展でも何点か出品してたんですが...

d0034025_2144321.jpg

確かに指にはフィットするし安定はしているものの、
持っていてなんとなく違和感があるんですよね~。

その違和感の原因は薬指と小指の関係にありました。
他の指の間と違って、
薬指と小指の間に物が挟まると、
奥歯に物が挟まったみたいになんか落ち着かない感じがするみたいです。

そこで改良版を試作中。

d0034025_2195381.jpg

デザインの本を見ていたらQの字型の把手のついたカップが使いやすいって書いてあったので、
ちょっとそれを参考に作ってみました。
右のほうは散髪用のはさみの持ち手にも似てるような。

そして左の把手はどうしても毛を逆立てて興奮してるネコに見えて仕方ないので、

d0034025_2113447.jpg

思わず目をつけちゃいました。(爆)

d0034025_2113403.jpg

こちらは別のタイプの把手。
右のはちょっとデザイン的にどうなんでしょう...。

そして左の把手、作ってるときから子ペンギンに見えて仕方ありません。
親指を乗せる部分を付けてクチバシに、
さらにまったく実用には関係ない足までつけちゃって。(笑)

こうなるとえさをねだる子ペンギンに見えてきたので、
トンパ文字も「はらへった~」になってます。

d0034025_21195297.jpg

そのほかにも焼酎カップとか...

d0034025_21203845.jpg

飯碗とか...

d0034025_21205096.jpg

先日の豆皿からワンサイズアップした4寸皿とか。

今日は夕方から雨という予報だったので、
空を眺めながらの乾燥となりましたが結局雨は降らず。
早く乾いちゃえば素焼きできちゃうんですけどね~。
[PR]
by Potter-Y | 2009-06-13 21:24 | 制作中 | Comments(8)
何とか無事納品。

個展期間中に頂いていたうつわたち、
唯一残っていたお皿がやっと焼きあがりました。

d0034025_22192345.jpg


個展のときに、お店で出していただいたお茶やお菓子に自作のうつわを使っていただいたんですが、
持ち込んだ作品の中にしっくり来るものがなかったので、
在庫の奥から探し出したお皿を出したらそれが意外と好評で。(笑)

でも数がお店で出す分しかなかったので、
のちほど納品ということになったのでした。

とはいえ以前作ったときとは窯も釉薬も違う。
それで連日の黒マットのテストということになったのでした。

おおよそのめどのついたところで半ば強行突破で焼いたんですがあえなく失敗。
刷毛で掛けた部分が微妙にむらになってしまいました。

そこであとから作り直した黒マットを上から塗って焼きなおし、
何とかイメージに近いものが出来上がりました。


ところで先日、別の廃釉に間違えてベンガラを加えちゃった黒マット、
今回はちゃんとテストと同じ釉に足したはずなんですが...

d0034025_22273295.jpg

うーん、なんでしょうね~、これ。
画像じゃ伝わりにくいですが、
緑がかったモヤモヤがでてます。

テストで加えたのはベンガラだけなので、
単純に考えればその量が多すぎたか少なすぎた、ということになるはず。
でもそれにしてもイメージと違いすぎるんですよね。

やっぱりちゃんと原料から調合するんじゃなくて、
液状のものを一部取り出してテストすると、
どうしても底に固まってたりして成分が違ってきちゃうのかもしれませんね~。


まあ黒マットはひとまず置いといて、
渋めの白マットはやっと狙いどおりのができてきたので、
今度はスノーホワイトな白マットを作ってみようと思ってます。

まずは手っ取り早く、以前作ったタルクマットにジルコンを加えてみました。

d0034025_22351873.jpg

d0034025_22353125.jpg

d0034025_22353938.jpg

テストはタルクマット100mlあたりにジルコンを1g、2g、3gそれぞれ加えたもの。

白さは3gのよりもうちょっと白いのがいいかなぁと思いますが、
さすがに溶けにくいジルコンが加わってマットが強すぎる感じ。
もう少し溶けやすくして調合から見直さないとだめですね~。

こんなことばっかりやってるとすぐにテストピースがなくなります。
なのでテスト用に豆皿を挽いてみました。

d0034025_22392746.jpg

テストピースとしてももちろんですが、
今回はいろんなかたちのサンプルとして作ってみました。
それぞれ六枚ずつで11パターン、プラス最後に思いついた4パターン各一枚の70枚!

d0034025_224138.jpg

ちょっとおもしろそうなのだけ抜き出してみました。
いちばん気に入ったのは真ん中奥の変形皿。
五ヶ所を内側に倒したら梅の花っぽい感じになりました。

真ん中手前のはカットしてあるんですが、
それを想定して口は薄く挽いとかなきゃいけないんですね~。

気に入ったのは今度少し大きめのサイズで作ってみようと思います。
[PR]
by Potter-Y | 2009-06-10 22:46 | 作品 | Comments(10)
白マットと黒マット。

先日テストしていた黒マットをさらに調整してみました。

まずはクロマイトベースの黒マット。

d0034025_20414290.jpg
d0034025_20415636.jpg

先日の釉薬100mlあたりにマンガンを10g、次に20g加えてみました。

以前のものはまだベタッとした感じで、
クロマイトの影響でちょっと緑がかってましたが、
マンガンのおかげで少し金属っぽく、
また黒味が増して緑っぽくなくなりました。


マンガンベースの釉薬は赤土には良かったんですが、
白土だとなんだかもやっとした感じになってました。
赤土でいいってことは鉄分を足せばいいんじゃない!?ってことで。

d0034025_20435145.jpg

これも100mlあたり10gのベンガラを加えてみました。
確かに白土に掛けたものはもやっと感がなくなりました。
でも赤土に掛けたものはべた~っとした感じになっちゃいました。


もう一つ、廃釉からできた黒マットのテストピースが良さそうだったので、
2L弱あった廃釉にベンガラを加えてたくさん作ったんですが、
焼きあがってみると...

d0034025_2047462.jpg

テストピースとは違った、べたっとした黒でした。

ベンガラの量を計り間違えたかなぁ、とかいろいろ考えたんですが、
真相は謎のまま。

ところが今日になってベンガラを加えたはずの廃釉を見てみると、
あれだけベンガラを加えたはずなのに色が淡いまま。

実はバケツなどに残った廃釉は2Lくらい溜まったら大きいタッパーに小分けにしていて、
そのタッパーが既に6つ目になってるんですが、
テストに使ったのとは別の廃釉にベンガラを足していたのでした。(爆)
連日のおっちょこちょいぶりですね~。


今回の窯でのいちばんの収穫は白マットでした。
先日、白マットに黄土を足したら足しすぎだったので、
黄土の割合を減らしてみました。

d0034025_2055382.jpg

画像で見るよりもうちょっと白いかな。
やっと満足のいく白マットができました。
以前使っていた市販のものよりいいかも~。

酸化なんですが、還元っぽい渋さがでてるような。

ちなみに手前のトンパ文字は「おばあちゃん」と「おじいちゃん」、です。
[PR]
by Potter-Y | 2009-06-05 20:58 | 釉薬 | Comments(8)
ちょっとしたおっちょこちょいぶりで...

前回の窯に引き続き、今回もタタラのお皿のテストが入ってました。

d0034025_19521344.jpg
d0034025_19522497.jpg

どちらのお皿も反らずに焼けました!

ところで左の長皿、少し棚板にくっついてました。
でも釉薬は流れてないし、くっつくはず無いんだけどなぁ~と思ってみてみると、
何やら緋だすきにするときの藁の燃えかすみたいなのがくっついてました。

うーん、でも藁なんて使ってないし...

ああっ、そういえば!

マスキング代わりに張ってあったガムテープを剥がした記憶がありません。(笑)

ガムテープの表面に残ってた釉薬が溶けて棚板とくっついていたのでした。

油性の撥水剤を使ってるので、広い面積を塗るとクラクラくるし、
テープなら安上がりで済むのでたまに使ってます。

ところで油性の撥水剤、
パッキンのついた磁器の容器に入れてるんですが、
使ってなくても揮発してドロドロになっていきます。
なんかいい保存方法は無いですかね~。

d0034025_19594658.jpg

そんな作業と平行しつつ彫りの作業も。
こういうところでおっちょこちょい振りを発揮しませんように...。
[PR]
by Potter-Y | 2009-06-03 20:00 | 作品 | Comments(14)
最新のコメント
うつわのみせ はじめます..
by &#12514;&# at 05:58
Listed here ..
by AlbertKnoR at 23:43
ありがとうございますー。..
by Potter-Y at 01:56
それはすごく嬉しいです!..
by Potter-Y at 01:53
はじめまして。 三省堂..
by haruyoshi-k at 13:31
作品をみさせていただくと..
by ひ〜 at 21:51
ご無沙汰してます! 初..
by Potter-Y at 22:17
書店で展示会ですか。 ..
by てると at 07:57
コメントに気づかずすみま..
by Potter-Y at 12:48
ツイッターのアカウントが..
by 名乗るほどの者では…。 at 11:17
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
かわいいパクリ
from 陶芸の技法とレシピ 第3章
うつわ日和 - 堀越洋司..
from とーへんぼく
Hinomaru Ang..
from ニューヨーク*ユニオンスクエ..
展覧会ラッシュ。
from nonacafe庵『奥の院』..
公募展と個展と・・・
from 花と野菜と器たち
日本陶芸展とPotter..
from 陶片木
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
その他のブログ
ブログパーツ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧