S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ホームページ

HP開設しました。
作品集を公開中。
オンラインストア

作品をネットで販売中。
おしらせ
うつわ取扱店
ギャラリー・茶房 佗助
さいたま市のギャラリー。
手作り雑貨「coneru」
墨田区押上の雑貨屋さん。
なつかしcafe 朱莉屋
加須市のカフェ
山猫屋
藤沢市の猫雑貨店

お取り扱い頂けるお店を募集いたしております
お問い合わせはこちらへ。
メールフォーム
リンク

結果発表!!

陶芸総合情報サイト
公募展情報
片口普及推進委員会
片口普及推進委員会
ブログリンク
お気に入りブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
てるみん陶工房
マチコの陶芸と趣味の日記
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
<陶芸ブログ> おぼえがき
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
upbeat mood
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
鹿児島の御茶碗屋つきの虫...
古本と陶芸 あれやこれや・・・
陶芸 睦月
陶芸生活日記
C's projects...
陶芸の技法とレシピ
samanthaの食卓
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
陶芸教室むさしの プラザ
nonacafe庵『奥の...
蛸田窯・作陶日記
陶芸の技法とレシピ 第2章
横濱酒房&GALLERY...
noraな日々
林寧彦の陶芸ブログ
 ☆器とアンティークを愛...
トウゲイと ネコと ソノタ
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
daylifeweblog
「創樹窯/陶芸日誌」
 陶工房「上名窯」通信・...
第29回 陶炎祭(ひまつ...
とーげいやさんになりたくて
まいにちいろいろつくる。...
mamariの陶芸日記
Ulalaかな工房日記
器からつたわる~やさしい白~
手の先の事徒然に
concept-if~黄...
瀬戸の陶芸
陶芸のひとりごと
陶芸家・大江一人 『ロク...
ギャラリー 茶房 - 侘助 -
花と野菜と器たち
陶工房 八朔日記
桃青窯696
ユニオンスクエアの窯 ☆...
Love Letter ...
ふわふわ堂
ちいさなやきもの
陶房呑器ののんびり日記
陶芸の技法とレシピ 第3章
ペンギン・インコ陶つうしん
ハンドメイド&雑貨 nu...
うつわたび
つち・ときどき・ぬの
粉花* このはな
ムースのカナダ日記
ときどき棚から出して
たかね工房~Takane...
月讀窯     
ニューヨーク*ユニオンス...
陶と生活
おうさまカフェ
陶芸とか、毎日のこととか
野村亜土 つち日blog 
うつわづくり日記
器をつくりたいー!
こけし絵日記~津軽こけし...
ワゲモノの嵐!! ワゲモ...
paradiso tra...
Ehoma 陶芸ブログ
玄米工房「キャロット」か...
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他
<   2008年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
三連続焼成、第三部 またまた白マット編。

今回の窯も白マットメインでしたが、あまり前回のと変わらないので先にそれ以外のものを。

d0034025_20301237.jpg

久々に再開した浮き彫り作品。画像で見るときれいなんですけど、肉眼で見ると緑色の粒子が粗いのが気になります。

d0034025_20321016.jpg

黒泥土の香合に白マットを掛けてみました。まぁ、悪くはないんですが、黒泥土を使った意味があまりないような...。

d0034025_20333142.jpg

かなり前に作ったフクロウ型香炉に伊羅保を掛けてみました。下に緋色釉を掛けて濃淡をつけたつもりが全部溶け出して全く面影もありません。

あとは白マットのうつわが続々と。

d0034025_20353712.jpg
d0034025_20354542.jpg
d0034025_20355752.jpg


先日注文した炭酸ストロンチウムを早速試してみました。

d0034025_20415882.jpg

三号石灰透明釉100に対して炭酸リチウムを5、酸化銅を1.5加えたものをベースに、炭酸ストロンチウムを左から10、20、30加えたものです。

ちょっと釉薬の濃淡に差があるんですが、やはり30加えたもののほうが溶けやすく、色も鮮やかになってるような気がします。バリウム並に、とはいきませんが、石灰石や亜鉛華などよりは代替品として使えそうですね~。

さてさて、昨日は素焼きをしつつカップ&ソーサー作り、今日は窯出し後にお片づけ。大掃除、というほどにはできなかったので中掃除ぐらいかも!?

これで今年の作業はおしまい、来年はいつから始めようかなぁ...。

今年も皆さんのコメントに支えられて無事ブログを続けることができました。来年もまたよろしくお願いします!
[PR]
by Potter-Y | 2008-12-30 20:47 | 作品 | Comments(20)
三連続焼成、第二部 白マット編。

年の瀬を迎えても制作が続いてます。ここのところ窯焚き、翌日に窯出し・釉がけ・窯づめというスケジュール、素焼きを含めると8日間で4回の窯焚きというハイペースです。まあ、窯がちっちゃいからできるんですけどね~。

今回は白マット作品がたくさん。

d0034025_1958274.jpg

先日の白マットはちょっとマットが強かったので調合を少し変えたんですが、濃くかけると部分的にピンク色になったり、緑色になったり、変化に富んだ面白い釉薬です。

d0034025_2001078.jpg
d0034025_2002465.jpg

薄めに掛けるとちょっと渋め、マット感も強くなります。どちらかというとこっちのほうが好みですね。

d0034025_201374.jpg

ほかにも香炉が一つはいってました。

d0034025_2052173.jpg
d0034025_2053641.jpg

そして窯焚きの間に製作も。

d0034025_2064885.jpg

ところで最近重宝しているのが百均で買ったケーキカット用のシート。ハンコを押すための割付をするのにかなり便利です。透明なので、うつわに乗せても印が付けられるので、輪花にするときにも使えそうです。

先日注文していた粘土ともに原料が届きました。今回は顔料4種類のほか、バリウムの代用品として炭酸ストロンチウムを買ってみました。もちろん全く同じ性質、というわけにはいかないんですが、果たしてどうなるのか試してみますね~。
[PR]
by Potter-Y | 2008-12-27 20:13 | 作品 | Comments(14)
謎は解けた!?

電動ロクロのドベ受けが届いてからはや数週間、これで手や足のポジションも決まって安定して挽けると思いきや、どうも微妙な所で中心がずれて安定しません。特に大物を挽こうとするとそのずれが大きなゆがみになっちゃいます。

これってやっぱりブランクのせい!?と思っていたら、久々に教室のロクロを触るとスイスイ挽けちゃいます。なぁーんだ、腕のせいじゃないんだ、なんて安心している場合じゃありません。

何とかその原因を探るべく、ロクロや椅子の高さ、ロクロまでの距離などいろいろ測って帰りました。

でもいざ帰って測ってみると、ほとんど教室の環境と変わりません。ふと足元を見てみると、視線の先にはスリッパが!!!

そう、教室は土足なのでスニーカーをはいていたのです。どうやら足の位置が低くなっていたので、右ひじが安定せず、中心がぶれやすくなっていたみたいです。

別にシークレットシューズをはいてたわけじゃないんですが、感覚的には教室のロクロよりペダルが2cmくらい低いみたいで、とりあえず応急処置として...

d0034025_22581487.jpg

板を二枚貼り付けておきました。

d0034025_22591990.jpg

おかげで大皿も挽けるようになりました。まだ微妙に歪んでるのは...腕のせいです。

それはさておき、今日は酸化の窯出しでした。

d0034025_2325550.jpg
d0034025_233127.jpg

先日挽いた急須も無事焼きあがりました。焼締のほうがお茶はおいしい、らしいので、薄く緋色釉を掛けただけにしました。

先日調合した白マット釉も...

d0034025_2355641.jpg
d0034025_23659.jpg

調合しなおしたらちょっとマットが強くなっちゃいましたが、なかなかいい感じです。

d0034025_2372577.jpg
d0034025_2374110.jpg

カップ類もまた2種類で。

窯出ししたばかりでそのまま釉がけ&窯づめ。明日はまた酸化の本焼きです!
[PR]
by Potter-Y | 2008-12-24 23:10 | 作品 | Comments(18)
こんなアレンジも。

先日のカップと同じ釉薬ですが...

d0034025_21132268.jpg
d0034025_21133556.jpg

文様のパターンをアレンジしてみました。イメージは印花で染付けの文様を再現する感じなんですが、ついつい動物が割り込んできます。(笑)

d0034025_2115295.jpg

ボケてるのでわかりにくいですが、釉薬は伊羅保。 前に掛けたものは黄土に含まれていた粒粒が残ってしまったので、ふるいにかけて粗い粒子を取り除いたらきれいになりました。

d0034025_21185343.jpg

今回一番の収穫はやっと満足のいく白系の釉薬ができたこと。手前の二点がそうですが、左が白土で右が赤土。真っ白じゃなくてちょっと茶色がかった感じが落ち着いていいです。

この釉薬のベースは以前紹介した洋書に載っていた透明釉だったんですが...

d0034025_21234078.jpg

全然透明じゃないし。

d0034025_21264780.jpg

で、これに酸化チタンを加えたものと、

d0034025_2127138.jpg

珪酸ジルコニウムを加えたものを作ったら、
どっちももう一つだったので両方足したらできちゃったわけです。

d0034025_21292549.jpg

別のテストはイマイチですが...。
特に右下のはちょっと毒々しい感じ。カエルのオブジェとかなら使えるかも!?

d0034025_21312815.jpg

白の釉薬が完成しつつあることで、ようやく赤土のうつわも釉薬のイメージが固まってきました。やっぱり飲み物を入れるのは白系のほうが使いやすいですよね。
[PR]
by Potter-Y | 2008-12-19 21:33 | 作品 | Comments(6)
浮き彫り、そろそろ再開です。

先日のイルカのような犠牲を出しながら、浮き彫りに使う釉薬のテストをいろいろやってます。

そして先日の窯出しから...

d0034025_19282999.jpg

ようやく使えそうな釉薬ができてきました。

うちの窯は酸化専用、でもやっぱり青磁っぽい色は使いたいということで試行錯誤が続いてました。基本路線はトルコ釉なんですが、今後の釉薬は劇物の炭酸バリウムは使わないことにしたので難航してました。

炭酸バリウムは市販の釉薬にも広く使われてるもので、釉薬に使っても恐らく国内の安全基準は満たすんでしょうが、欧米では基本的に食器への使用は禁止されているようですし、何より粉末や釉薬として自分で扱っていてあまり気持ちのいいものではないんですよね~。

バリウムじゃないと青じゃなくて緑色っぽくなる、だったら強引に青くしちゃえ、という単純な発想です。

そこからもまあ細かい調整があったわけですが、これで何とか使い物になりそうです。

d0034025_19405778.jpg

同じ釉薬をカップにも。

d0034025_19412541.jpg

こちらは色違い。

緋色が薄くて焼きなおしたものも...

d0034025_19423180.jpg
d0034025_19425591.jpg

d0034025_19432055.jpg
d0034025_19434250.jpg

無事焼きあがってくれました。

d0034025_19444785.jpg

釉薬のテストも続きます。

そして昨日は次の酸化の窯出しでした。さらに乾燥を待って素焼きの予定です。そして乾燥を待つ間に浮き彫りをホリホリ。さすがにそろそろ寒さも厳しくなってきたので、彫り作業用にコタツでも買おうかと計画中です。(笑)
[PR]
by Potter-Y | 2008-12-17 19:49 | 作品 | Comments(16)
恐ろしや~。

昨日は窯だし。半分くらいは焼き直しのものだったんですが、それとは別に焼いたものの中にいいものがいくつかあったので、久々に満足のいく内容でした。

でもカメラをもっていってなかったので、そのあたりの紹介はまた後日、他にネタもないので、前に作ってそのままになっていたものをご紹介。

で、何が「恐ろしや~」なのかというと...

d0034025_2153775.jpg

ホラーな感じのこの浮き彫り一輪挿し。イルカのつもりですが、かなり死にかけてます。(爆)

d0034025_2156590.jpg

裏を返すとこちらは既に...。(合掌)

d0034025_21581255.jpg

こちらの蛙はわりとうまく彫れたんですが傷だらけ。もともとひび割れていたのをごまかそうとしたらさらに傷口を広げていたようです。

d0034025_2201325.jpg

こっちもうまく彫れた、と思いきや、よく見ると眉間に傷が...。

d0034025_222076.jpg
d0034025_2221160.jpg

結局無傷だったのはこの水滴だけでした。

最近すっかり中断していた浮き彫りですが、最近になってようやく浮き彫りに使えそうな釉薬ができてきたので、そろそろ復活の予感です。

今日も本焼きの窯づめをしてきたので、焼き上がりが気になります!
[PR]
by Potter-Y | 2008-12-14 22:03 | 作品 | Comments(16)
焼けました。

今日は半月ぶりくらいの本焼きの窯出しでした。

d0034025_19401090.jpg

電動ロクロ作品第一号。一時期薄くなってしまった緋色も作り直して復活しました!

d0034025_19422762.jpg

d0034025_1943059.jpg
d0034025_19431558.jpg

ミニ盆栽鉢も続々と。

d0034025_19445742.jpg
d0034025_19451447.jpg

釉薬テストもぼちぼちと。
[PR]
by Potter-Y | 2008-12-09 19:47 | 作品 | Comments(20)
ロクロ作業本格化。

待ちに待った電動ロクロのドベ受けがやってきました。

d0034025_2225119.jpg

でも電動ロクロの型が古いため、このままだとうまくはまりません。内側を3mmくらいカットしなくちゃいけないんですが...

d0034025_22272846.jpg

のこぎりなどでカットするのは大変、ということでドリルで穴をずら~っとあけていきました。あとは袋とじを開くみたいに簡単にカットできました。

d0034025_22325316.jpg

これでぴったりはまって一件落着。ドベ受けがガタガタと動いちゃうのはしかたないですが、これで削りのたびに床掃除をしなくて済みます。(笑)

ドベ受けなしだと手や足のポジションが以前とは変わってしまって安定しなかったんですが、つけたことで足と手の位置が固定されて中心が取りやすくなりました。

d0034025_22374429.jpg

ちょっと前に作ったカップ、なかなか乾燥しないので外に干しました。

d0034025_22444713.jpg

こちらは聞香炉。香を「聞く」時に使う香炉です。といいつつ作ったのは初めて、使ったこともないし。
これもいろいろ決まりがあるんでしょうね~。

d0034025_22482223.jpg

先日挽いた急須にハンコをぺたぺた。

d0034025_22485140.jpg

こちらの皆さんは順番待ちです。

d0034025_22501028.jpg

他にもテスト用の豆皿とか。

d0034025_22504677.jpg

ひさびさに徳利も挽いてみました。実は壺系はつくるの好きなんです。でもたくさん作っても売れないんですよね~。(爆)

片口展も好評のうちに無事終了したみたいです。皆さんお世話になりました~。
[PR]
by Potter-Y | 2008-12-04 22:53 | 制作中 | Comments(8)
片口普及推進委員会 - 片口展 いよいよ最終日。

片口普及推進委員会による片口展もいよいよ明日最終日です!

皆さんには搬入から始まってすっかりお世話になりっぱなしです。

会場の様子はutsuwatabiさんnonkiさんがレポートして下さってますのでご覧下さいませ~。

ネタもないので、出品した片口の紹介でも。

d0034025_21581061.jpg

締め切りギリギリに作った六角片口。六角形の上にさらに六角形のハンコを押しまくりです。

d0034025_2202785.jpg

こちらの片口は船とかボートをイメージして。でも焼きあがったら張り合わせた部分にヒビが!
水漏れはしませんが傷になっていたので参考出品ってことで。

d0034025_2222852.jpg

ふんどし片口はこんな感じに焼きあがりました。本当は把手を編んで作ろうかと思ったんですが、時間がなくて間に合わず、土瓶用の把手をつけました。どうやら無事お嫁(?)に出たようです。

電動ロクロ購入からずいぶん経ちましたが、やっと注文していたドベ受けが手に入りそうです。これで削りかすの大掃除をしなくて済みます!
[PR]
by Potter-Y | 2008-12-01 22:16 | 展覧会 | Comments(10)
最新のコメント
うつわのみせ はじめます..
by &#12514;&# at 05:58
Listed here ..
by AlbertKnoR at 23:43
ありがとうございますー。..
by Potter-Y at 01:56
それはすごく嬉しいです!..
by Potter-Y at 01:53
はじめまして。 三省堂..
by haruyoshi-k at 13:31
作品をみさせていただくと..
by ひ〜 at 21:51
ご無沙汰してます! 初..
by Potter-Y at 22:17
書店で展示会ですか。 ..
by てると at 07:57
コメントに気づかずすみま..
by Potter-Y at 12:48
ツイッターのアカウントが..
by 名乗るほどの者では…。 at 11:17
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
かわいいパクリ
from 陶芸の技法とレシピ 第3章
うつわ日和 - 堀越洋司..
from とーへんぼく
Hinomaru Ang..
from ニューヨーク*ユニオンスクエ..
展覧会ラッシュ。
from nonacafe庵『奥の院』..
公募展と個展と・・・
from 花と野菜と器たち
日本陶芸展とPotter..
from 陶片木
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
その他のブログ
ブログパーツ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧