S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ホームページ

HP開設しました。
作品集を公開中。
オンラインストア

作品をネットで販売中。
おしらせ
うつわ取扱店
ギャラリー・茶房 佗助
さいたま市のギャラリー。
手作り雑貨「coneru」
墨田区押上の雑貨屋さん。
なつかしcafe 朱莉屋
加須市のカフェ
山猫屋
藤沢市の猫雑貨店

お取り扱い頂けるお店を募集いたしております
お問い合わせはこちらへ。
メールフォーム
リンク

結果発表!!

陶芸総合情報サイト
公募展情報
片口普及推進委員会
片口普及推進委員会
ブログリンク
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
てるみん陶工房
マチコの陶芸と趣味の日記
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
<陶芸ブログ> おぼえがき
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
upbeat mood
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
鹿児島の御茶碗屋つきの虫...
古本と陶芸 あれやこれや・・・
陶芸 睦月
陶芸生活日記
C's projects...
陶芸の技法とレシピ
samanthaの食卓
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
陶芸教室むさしの プラザ
nonacafe庵『奥の...
蛸田窯・作陶日記
陶芸の技法とレシピ 第2章
横濱酒房&GALLERY...
noraな日々
林 寧彦(はやしやすひこ...
 ☆器とアンティークを愛...
トウゲイと ネコと ソノタ
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
daylifeweblog
「創樹窯/陶芸日誌」
 陶工房「上名窯」通信・...
第29回 陶炎祭(ひまつ...
とーげいやさんになりたくて
まいにちいろいろつくる。...
mamariの陶芸日記
Ulalaかな工房日記
器からつたわる~やさしい白~
手の先の事徒然に
concept-if~黄...
瀬戸の陶芸
陶芸のひとりごと
陶芸家・大江一人 『ロク...
ギャラリー 茶房 - 侘助 -
花と野菜と器たち
陶工房 八朔日記
桃青窯696
ユニオンスクエアの窯 ☆...
Love Letter ...
ふわふわ堂
ちいさなやきもの
陶房呑器ののんびり日記
陶芸の技法とレシピ 第3章
ペンギン・インコ陶つうしん
ハンドメイド&雑貨 nu...
うつわたび
つち・ときどき・ぬの
粉花* このはな
ムースのカナダ日記
ときどき棚から出して
たかね工房~Takane...
月讀窯     
ニューヨーク*ユニオンス...
陶と生活
おうさまカフェ
陶芸とか、毎日のこととか
野村亜土 つち日blog 
うつわづくり日記
器をつくりたいー!
こけし絵日記~津軽こけし...
ワゲモノの嵐!! ワゲモ...
paradiso tra...
Ehoma 陶芸ブログ
玄米工房「キャロット」か...
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他
<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
欧米でも油滴天目。
以前紹介した"The Complete Guide to High-fire Glazes"の著者、John Brittさんのホームページがあったので覗いて見ました。

ギャラリーを見てみると、油滴天目があったり、鈞窯っぽい高杯があったり、clayさんばり(?)のオブジェがあったり、なかなか面白いです。

陶芸サイトに寄稿したらしい記事を見ると、さらに変わった油滴とその調合が書いてありました。
油滴その一
油滴その二

豹柄っぽい油滴がなんとも不思議です。

リンクからたどったこちらにはかなり変わった釉薬がありそうです。
[PR]
by Potter-Y | 2006-02-27 22:01 | 書籍 | Comments(5)
精土・窖窯緋色土
確か精土さんから頂いた窖窯緋色土シリーズのサンプル。焼成はいずれも還元焼成で、土は上段左から窖窯緋色土、軽石はぜ土、古伊賀土、下段左から匠土、灰かぶり土、伊賀赤荒土(別の材料屋さんのかも...)です。

d0034025_19482083.jpgこちらは自作の合成ビードロ釉を掛けたもの。調合は合成土灰70、福島長石40、ベンガラ1.3です。ちなみに野田さんの混ぜておぼえるはじめての釉薬づくりで88ページのアップの写真に使っているのがこの釉薬です。普段よく融ける釉薬なんですが、相性なのか、結晶化してカサカサになってるものがあります。カサカサになりやすいと書いてある灰かぶり土で融けて、ビードロがよく出るとある伊賀土でカサカサになってるんですが、釉の濃さや窯内の場所などの条件もあるので、なんともいえません。

d0034025_19484412.jpgこちらは大築窯業さんの緑ビードロ釉を掛けたもの。匠土のビードロが鮮やかですね。他のは渋めに上がってます。


d0034025_19485946.jpgこちらは匣鉢に入れたものです。それぞれ色は違いますが、土の違いよりも置いた場所の違いの方が大きいような気がします。


赤土を除けば、それほど大きな差はなさそうな気もします。微妙な鉄分の違いとか、粒子の粗さなどはありますが。あとはやっぱり薪窯で焼いてみないと真価を発揮しないのかも!?
[PR]
by Potter-Y | 2006-02-23 19:50 | 粘土 | Comments(5)
またまた失敗作が...
d0034025_21394286.jpg見事に(?)泡立った青磁。しかもかなり歪んでます。粘土は古万古の赤にクロマイトを混ぜて黒くしたもの。この土では以前もトルコブルーで失敗していますが、他にもピンクの亀甲貫入釉との相性も合いませんでした。


d0034025_21435732.jpg歪んだのは窯がこんなことになってしまったから。匣鉢二つ分では高さが足りなくて道具土を置いたのですが、重さに耐え切れず左の棚板が傾きました。


匣鉢の真上にあったこの青磁は二枚の棚板の境目に置いたので、見事にこけて歪んだのでした。しかも隣の作品にくっつくし。他にもビードロのお皿は釉が傾いたままで固まってるし。まあ、危うく大惨事になるところだったので、これで済んでよかったのかも。

d0034025_21471631.jpg


左下はこのとき入っていた豆皿。酸化の時の織部の銅が揮発していたものが移ってこんな色に...。他の二点は酸化ですが、匣鉢を置いた真上の棚板にあったので還元気味に。織部は赤くなるし、油滴はブクブクになるし。

棚板に銅が移らないようにする、あるいは移った銅が次の焼成に影響しないようにする方法なんてあるんですかね~。
[PR]
by Potter-Y | 2006-02-14 21:52 | 作品 | Comments(10)
アメリカ陶芸、侮れません!
先日紹介した洋書の"The Complete Guide to High-fire Glazes"ですが、読み進めてみると、かなり詳しい内容でびっくりでした。

一番驚いたのは説明がとても理論的なこと。どんな基礎釉にどんな金属を足すからこうなる、というのがすごくわかりやすくて、たとえば蕎麦釉なら基礎釉にアルミナが多いと酸化金属が移動できなくて結晶が作れないからアルミナ分を少なくするというようなことまで書いてあります。

あとは比重とか焼成パターンとか、施釉する厚みまで指定してあるので、調合だけしか書いてない日本の釉薬の本より再現がしやすいかもしれません。問題は原料を手に入れるのが大変なので、いかにそれに近いものを日本で仕入れるかですが。

読み返すときに面倒なので、少し時間はかかりますが翻訳しながら読んでます。内容から言っても日本の釉薬の本に引けを取らないと思うんですが、どこか出版してくれるところはないかなぁ~。
[PR]
by Potter-Y | 2006-02-06 23:41 | 書籍 | Comments(11)
ペタライト志野釉!?
耐熱土に志野釉を掛けたのが短い焼成時間ながらいい感じの緋色が出たのは耐熱土に入れるペタライトの影響!?と思ってテストしてみました。

d0034025_1956357.jpg


上段が赤二号土、下段が信楽N白土で、左から釜戸長石2 ペタライト1、釜戸長石1 ペタライト1、釜戸長石1 ペタライト2、ペタライト単身です。いずれも還元焼成。N白土は施釉前に左半分をかなり薄くしたベンガラに浸してあります。

d0034025_2025784.jpg


こちらは同じようにして、釜戸長石の代わりに平津長石を使ったもの。

結果としては、貫入防止にも使われるペタライトが入ったおかげで釜戸長石の貫入がなくなって白さが増したり、ペタライトが多すぎると釉の厚いところと薄いところの色の違いがはっきりしすぎたりという発見はありましたが、狙っていたふわっとした感じの志野にはならず。耐熱土は土の中にペタライトが入っているから上手くいったのか、それともただの偶然だったのか...。
[PR]
by Potter-Y | 2006-02-05 20:31 | 釉薬 | Comments(6)
陶芸用語集
ネットで検索していたら、別々のサイトにかかれた全く同じ文章が引っかかってびっくり。よく見てみるとそれぞれの用語集の項目も内容もほとんど一緒です(笑)

その一。
その二。
その三。

書式は違ったりしてますが、コピペしてそのままっていうのが見え見えです。

さてここで問題です。この三つの中で一番最初に書かれたと思われるのはどれでしょう?

ヒントは赤絵式(あかえしき)の項目です。
[PR]
by Potter-Y | 2006-02-03 22:14 | Comments(6)
買っちゃいました。

d0034025_024174.jpg


釉薬関係の本はもちろん日本でもたくさん出版されているんですが、サンディエゴで陶芸をしてらっしゃるEhomaさんのところで見かける釉薬にいろいろ面白そうなのがあるので、日本と違うアプローチのものも面白いかと思って洋書を買ってみました。

左の"The Ceramic Glaze Handbook"は釉薬の入門書みたいな感じ。右の"The Complete Guide to High-fire Glazes"はその名のとおり高火度釉だけを扱ったもので、何しろ調合例の数が半端じゃないので、試してみたいのがたくさんあります。でも材料を輸入するのも面倒なので、日本で手に入る代用品を見つけるのが大変そうです。
[PR]
by Potter-Y | 2006-02-02 00:34 | 書籍 | Comments(7)
最新のコメント
うつわのみせ はじめます..
by &#12514;&# at 05:58
Listed here ..
by AlbertKnoR at 23:43
ありがとうございますー。..
by Potter-Y at 01:56
それはすごく嬉しいです!..
by Potter-Y at 01:53
はじめまして。 三省堂..
by haruyoshi-k at 13:31
作品をみさせていただくと..
by ひ〜 at 21:51
ご無沙汰してます! 初..
by Potter-Y at 22:17
書店で展示会ですか。 ..
by てると at 07:57
コメントに気づかずすみま..
by Potter-Y at 12:48
ツイッターのアカウントが..
by 名乗るほどの者では…。 at 11:17
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
かわいいパクリ
from 陶芸の技法とレシピ 第3章
うつわ日和 - 堀越洋司..
from とーへんぼく
Hinomaru Ang..
from ニューヨーク*ユニオンスクエ..
展覧会ラッシュ。
from nonacafe庵『奥の院』..
公募展と個展と・・・
from 花と野菜と器たち
日本陶芸展とPotter..
from 陶片木
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
その他のブログ
ブログパーツ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧