ホームページ

HP開設しました。
作品集を公開中。
オンラインストア

作品をネットで販売中。
おしらせ
うつわ取扱店
ギャラリー・茶房 佗助
さいたま市のギャラリー。
手作り雑貨「coneru」
墨田区押上の雑貨屋さん。
なつかしcafe 朱莉屋
加須市のカフェ
山猫屋
藤沢市の猫雑貨店

お取り扱い頂けるお店を募集いたしております
お問い合わせはこちらへ。
メールフォーム
リンク

結果発表!!

陶芸総合情報サイト
公募展情報
片口普及推進委員会
片口普及推進委員会
ブログリンク
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
てるみん陶工房
マチコの陶芸と趣味の日記
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
<陶芸ブログ> おぼえがき
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
upbeat mood
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
鹿児島の御茶碗屋つきの虫...
古本と陶芸 あれやこれや・・・
陶芸 睦月
陶芸生活日記
C's projects...
陶芸の技法とレシピ
samanthaの食卓
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
陶芸教室むさしの プラザ
nonacafe庵『奥の...
蛸田窯・作陶日記
陶芸の技法とレシピ 第2章
横濱酒房&GALLERY...
noraな日々
林 寧彦(はやしやすひこ...
 ☆器とアンティークを愛...
トウゲイと ネコと ソノタ
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
daylifeweblog
「創樹窯/陶芸日誌」
 陶工房「上名窯」通信・...
第29回 陶炎祭(ひまつ...
とーげいやさんになりたくて
まいにちいろいろつくる。...
mamariの陶芸日記
Ulalaかな工房日記
器からつたわる~やさしい白~
手の先の事徒然に
concept-if~黄...
瀬戸の陶芸
陶芸のひとりごと
陶芸家・大江一人 『ロク...
ギャラリー 茶房 - 侘助 -
花と野菜と器たち
陶工房 八朔日記
桃青窯696
ユニオンスクエアの窯 ☆...
Love Letter ...
ふわふわ堂
ちいさなやきもの
陶房呑器ののんびり日記
陶芸の技法とレシピ 第3章
ペンギン・インコ陶つうしん
ハンドメイド&雑貨 nu...
うつわたび
つち・ときどき・ぬの
粉花* このはな
ムースのカナダ日記
ときどき棚から出して
たかね工房~Takane...
月讀窯     
ニューヨーク*ユニオンス...
陶と生活
おうさまカフェ
陶芸とか、毎日のこととか
野村亜土 つち日blog 
うつわづくり日記
器をつくりたいー!
こけし絵日記~津軽こけし...
ワゲモノの嵐!! ワゲモ...
paradiso tra...
Ehoma 陶芸ブログ
玄米工房「キャロット」か...
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他
<   2005年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧
釉薬と安全
今回はちょっとまじめなテーマで。本格的に学校などで学んだわけではない自分が書くには相応しくないかもしれませんが、相応しくない記述があればご指摘いただけるとありがたいです。

陶芸の釉薬や絵具の安全性について考えるきっかけは陶芸をはじめた頃に材料店で何気なく買った上絵の具でした。購入後数ヶ月使ってふとラベルを見て、鉛の含有率が70%とあるのを見てショックを受けました。それまでいいかげんに扱っていたことに対してもそうですが、はじめてきた客にそうした材料を何のアドバイスもなく売ってしまう店に対しても驚きを感じたのです。

極端に言えば陶芸材料の多くは無害とはいえないのかもしれません。粉末状態で大気中に舞っているもの、特に粒子の細かい珪石などを大量に吸いつづけるとじん肺になる可能性がありますし。

毒性の高いものでいえば鉛でしょうか。1200度を超える高温の釉薬に使われることはほとんどありませんが、楽焼の釉や上絵の具などには、無鉛のものも増えているけれど、発色が良いなどの理由で使われていますね。特にチューブ入りの上絵の具などは水性絵具などと同じ感覚で扱いがちになりますので注意が必要ですね。なお鉛白や唐の土と呼ばれる材料も鉛を含んでます。

赤に発色するものとしてカドミウムが使われることがあったようですが、現在使われているのかどうか分かりません。ガラスには今でも使われているようで、一度真っ赤なガラスを器に入れて焼いて見事な色になったことがあったのですが、カドミウムと知ってからは試していません。

織部やトルコブルーなどの緑や青の釉薬、また辰砂や鈞窯など還元で赤く発色する釉薬に使われることのある炭酸銅も劇物に指定されていますね。使ったバケツや柄杓を洗って緑色の粉が残っていたら炭酸銅が使われている可能性が高いですね。辰砂など発色に大きく関わる場合はともかく、普通の銅釉なら毒性の低い酸化銅を使用しています。

バリウム、と聞いて想像するのは間違いなく胃のレントゲンで飲むものだと思いますが、あれはバリウムの化合物の中で唯一無害なものだそうで、陶芸に使われる炭酸バリウムや塩化バリウムはやはり劇物に指定されています。よく使われるのはトルコブルーや、青磁でも特に色の青いものなど。

またこれらに比べれば毒性は低いものの、コバルトやクロムなどの金属も取り扱いに注意が必要です。


なんだかこう書いているとすごく体に悪いことをしているような気になりそうですが、扱い方さえしっかりしていれば安全に楽しく陶芸できますので。調合の際にはしっかりマスクをすること、また他の人が吸わないように換気をすることも必要ですね。換気は釉薬を吹きかけたりコンプレッサーを使うときにも欠かせませんし。また使わない材料はしっかり封をしておく必要もありますね。

釉薬や絵具の付いた筆やバケツなどは下水に流さないように。バケツの中で洗って、沈殿するのを待って上澄みを捨て、残りをまとめてバケツに補完しています。これをいらない器にためて焼いて処理する方法もあるようですが、もとはすべて釉薬ですから、しっかり振るいに通してゴミや素焼きのかすなどを取り除けば釉薬として使えます。

今お手伝いをしている教室で一年間たまりにたまった残釉を処理したら10Lの釉薬になりました。

d0034025_23502721.jpg

左はN白土、右は2号赤土で、いずれも酸化焼成です。これをみると教室で織部がよく使われているのが分かりますね。

ちゃんと学校に通ったり、弟子入りしたりすればきっとこうした安全性についてはしっかり教え込まれるんだと思いますが、誰でも陶芸教室が開ける世の中ですから(儲かるかどうかは別として)、中には無頓着なところもあるように思います。

例の材料店は今も変わらず材料を売りつづけているでしょうね。さらにいまはネットで簡単に材料が手に入りますから。そういえばハンズで陶芸コーナーが縮小し、特に金属など材料を置かなくなったのはPL法の影響だということを店員さんに聞いた覚えがあります。売れるから何でも売る、説明するひまもないし訴えられると怖いから売らない、どっちがいいものやら。
[PR]
by Potter-Y | 2005-04-29 00:00 | 釉薬 | Comments(12)
釉薬テスト
釉薬をいくつかテストしたのでその結果です。いずれも電気窯で酸化焼成。本当は神戸の茶碗屋さんのように調合比を変えていくつもテストするべきなんですけど。

d0034025_2013697.jpg濃紺釉
福島長石 43
石灰石 25
福島珪石 22
AAカオリン 10
コバルト 1.5
ベンガラ 2



d0034025_20153085.jpg黄瀬戸釉
福島長石 37
合成土灰 20
焼タルク 5
AAカオリン 5
ガイロメ粘土 5
福島珪石 28
ベンガラ 1
黄土(生) 3



d0034025_20171672.jpg伊羅保釉
福島長石 20
合成土灰 65
黄土(生) 15



d0034025_20181877.jpgタルク透明釉
福島長石 40
焼タルク 15
石灰石 14
ガイロメ粘土 15
福島珪石 16



d0034025_2026301.jpg鉄赤釉
福島長石 53
石灰石 9
焼タルク 6
ガイロメ粘土 8
福島珪石 25
骨灰 13
ベンガラ 13




濃紺釉は市販の瑠璃釉が色の明るいものが多いので渋めの色にしてみました。これはそのまま使えそうです。

黄瀬戸釉はいわゆる油揚手を狙ったもの。それなりのマット調にはなっていますが、どちらかというと結晶ぽいかんじで、ちょっとねらいと違うかも。色ももう少し濃くてもいいのでベンガラを少し増やしたのをテストしてみます。

伊羅保釉はこのサンプルピースだと分かりづらいのかも。伊羅保のイライラ感が出ているのかどうか。この感じだとビードロ釉に近いのかもしれません。

タルク透明釉は大体予想通り。これも使えそうです。

鉄赤釉は、写真よりももっと茶色い感じです。市販のものにはまだ及ばないかな。どちらかというと柿釉に近い色かも。少しマット調のほうが色が赤くなるというのを読んだ気がするので粘土を少し足してみようかな。

濃紺釉のように独自の調合をすることもあるですが、それ以外は本に載っていたものをベースにして、結果にあわせて調整していくというやり方です。まだまだ勉強不足ですね。
[PR]
by Potter-Y | 2005-04-27 20:39 | 釉薬 | Comments(10)
撥水材の使い道② 生掛けにも。
前回が撥水材の使い道①。そう、ということは第二弾もあるのです。

撥水剤を使うのは何も施釉の時だけではなくて、生での化粧がけのときにもつかえます。サンプルは中国茶の茶杯。茶壷は焼締が好まれますが、茶杯は中が白くて釉薬の施したものが良いみたい。そんなわけで内側だけ白化粧します。

上手な人なら内側だけきれいに掛けられるんでしょうけど、こぼす時につい失敗して外にかかってしまいます。そんなときは外側に撥水剤を塗っておきます。
d0034025_22512541.jpg

あとは中に入れた化粧土をこぼすだけ。手首を返しながらまわすようにするときれいに掛かります。
d0034025_22525999.jpg

ちなみにブログネタのために明らかにタイミングを逸してかけたこの器の結末はご想像のとおり。
d0034025_2254750.jpg

[PR]
by Potter-Y | 2005-04-26 22:54 | 制作中 | Comments(6)
撥水材の使い道① 掛け分け
ukkyさんの■撥水剤についてにTB。

お皿などを半々に掛け分けるなら半分ずつ別の釉薬に浸せばよいのですが、真中だけ別の色にするには?

というときに撥水剤を使っています。まずは底に撥水を塗ったあと両側に釉薬を掛けます。
d0034025_2141033.jpg

乾いたら釉薬を掛けた部分に撥水剤を塗ります。このとき強くこすると釉薬が取れてしまうのでなでるように塗ります。
d0034025_2153794.jpg

しばらく置いてから別の釉薬に浸します。
d0034025_2163917.jpg

こんな感じで掛けわけができました。
d0034025_217872.jpg


この方法なら三色、それ以上の掛け分けも簡単ですし、中心と外側を別の釉にすることもできますよ。

ついでに油性の撥水剤を使うときの注意点として、塗ってからしばらく時間を置かないと効果が薄いです。また撥水材も完璧ではないので、特に底の部分など釉薬が残っていないかしっかりチェックしましょう。
[PR]
by Potter-Y | 2005-04-25 21:12 | 釉薬 | Comments(9)
こいのぼり制作実演
現在アシスタントをしている楽豊窯さんの生徒さんから以前制作したこいのぼりを真似したい、とのこと。これはブログネタにぴったり、ということでご紹介。

まずは数種類の粘土を用意。今回は6種類で1.2kgくらいかな。
d0034025_225276.jpg

これを同じような色が隣り合わせにならないように一まとめにします。
d0034025_22524968.jpg

これを軽く練ったあと半分に切り、切り口を上にして伸ばします。
d0034025_2254223.jpg

この模様のままでもいいんですが、もう少し複雑な模様にします。こんな風にカットし、
d0034025_22561889.jpg

並べ替えます。各パーツが5ミリくらい重なるように。
d0034025_22571899.jpg

これを伸ばし、裏返してもう一度伸ばします。境目が残る場合は指でならしたあと、カットします。
d0034025_22583721.jpg

口とひげ、えらと尻尾のラインを入れ、印花で目とうろこをスタンプ。
d0034025_22594573.jpg

やさしく折り曲げて、丸めた新聞紙の上に載せます。広がらないように両側を新聞で押さえます。
d0034025_2313195.jpg


6組12個のこいのぼりができました。どんな色になるかは焼いてからのお楽しみ(?)
ポイントは白土をあまり多くしないことと黒土を入れること。そのほうが締まった感じになります。
自分のときは適当でしたが、今回はかなり丁寧にやったので自分のよりずっといいものができそうな予感...。
[PR]
by Potter-Y | 2005-04-24 23:04 | 制作中 | Comments(15)
引越し作業終了
以前のブログからこちらに引っ越してきました。記事のほとんどはこちらにも移してあります。

というわけでこれからもよろしくお願いします。
[PR]
by Potter-Y | 2005-04-24 20:49 | サイト管理 | Comments(0)
透かし彫り用ナイフ 追加情報
以前紹介した使い捨てメスですが、先日池袋のハンズで予備を買ってきました。よく見れば他にも三種類。
d0034025_1953385.jpg

その上値段も一本105円と道具を作るより安いかも。以前紹介した先の尖ったものの他に、先の短いもの、幅の広いもの、幅が広く丸いものがあります。
d0034025_1954932.jpg

透かし彫り以外にも面取りなどに使えそうですが、何しろ剥き出しのかみそりの刃を扱っているようなもので、粘土のやわらかいうちはいいのですが、固くなったときには注意が必要でしょうね。

ちなみにハンズの、望遠鏡やらフラスコやらの置いてあるサイエンス関連(?)の売り場にありました。
[PR]
by Potter-Y | 2005-04-22 22:52 | 道具 | Comments(0)
せんべい焼いちゃいました
hashibamigさんのせんべい焼けたにTB

再生した白土を赤くしてみようと思って、ベンガラを入れるか黄土を入れるか悩んで、黄土を入れました。耐火度が弱くなることも多少意識してガイロメ粘土も加えたのですが...
d0034025_1933428.jpg

やっちゃいました。しかも内側に白化粧、さらに透明釉を掛けているので空気の逃げ場がなくなったらしく、ひどいことになってます。割ってみるとこんな感じ。
d0034025_19345100.jpg

粘土をいくつか混ぜることはあっても、すべて市販の粘土を使っていたので、運良く今までブクが出たことは無かったのですが、釉薬だけじゃなく粘土の調合の知識もいるんだなぁと実感した日でした。

問題は同じ粘土を使った壺がこれから本焼きになること。釉薬を落として低温で焼くしかないかな。
[PR]
by Potter-Y | 2005-04-21 18:05 | Comments(7)
スクレーパー → コテ?
成形時に使うコテ。それほど高いものでもありませんが、こんなものでも代用できます。
d0034025_18591458.jpg

なべなどの汚れ落としに使うスクレーパー。これも百円でした。カーブが器と合わないのでグレーの部分をカットしました。程よい弾力があるので結構使いやすいです。
d0034025_1901833.jpg

こんな感じで使えます。カメラを持っているので片手が塞がってますが、実際に使うときはちゃんと手を添えましょう。
[PR]
by Potter-Y | 2005-04-19 23:51 | Comments(0)
スプーン → 柄ゴテ?
巻尺の投稿と工程は逆になりますが、100円ショップで買った竹のスプーンを加工して柄ゴテとして使っています。
d0034025_18564722.jpg

斜線部分をカットし、やすりなどで整えます。ちなみにこれはロクロの時計回り用。反対周りの方は反対側をカットしましょう。
d0034025_1857423.jpg

柄が短いので大物には向きませんが、小物作りには結構使えます。
[PR]
by Potter-Y | 2005-04-19 00:26 | 道具 | Comments(2)
最新のコメント
うつわのみせ はじめます..
by &#12514;&# at 05:58
Listed here ..
by AlbertKnoR at 23:43
ありがとうございますー。..
by Potter-Y at 01:56
それはすごく嬉しいです!..
by Potter-Y at 01:53
はじめまして。 三省堂..
by haruyoshi-k at 13:31
作品をみさせていただくと..
by ひ〜 at 21:51
ご無沙汰してます! 初..
by Potter-Y at 22:17
書店で展示会ですか。 ..
by てると at 07:57
コメントに気づかずすみま..
by Potter-Y at 12:48
ツイッターのアカウントが..
by 名乗るほどの者では…。 at 11:17
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
かわいいパクリ
from 陶芸の技法とレシピ 第3章
うつわ日和 - 堀越洋司..
from とーへんぼく
Hinomaru Ang..
from ニューヨーク*ユニオンスクエ..
展覧会ラッシュ。
from nonacafe庵『奥の院』..
公募展と個展と・・・
from 花と野菜と器たち
日本陶芸展とPotter..
from 陶片木
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
その他のブログ
ブログパーツ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧