S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ホームページ

HP開設しました。
作品集を公開中。
オンラインストア

作品をネットで販売中。
おしらせ
うつわ取扱店
ギャラリー・茶房 佗助
さいたま市のギャラリー。
手作り雑貨「coneru」
墨田区押上の雑貨屋さん。
なつかしcafe 朱莉屋
加須市のカフェ
山猫屋
藤沢市の猫雑貨店

お取り扱い頂けるお店を募集いたしております
お問い合わせはこちらへ。
メールフォーム
リンク

結果発表!!

陶芸総合情報サイト
公募展情報
片口普及推進委員会
片口普及推進委員会
ブログリンク
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
てるみん陶工房
マチコの陶芸と趣味の日記
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
<陶芸ブログ> おぼえがき
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
upbeat mood
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
鹿児島の御茶碗屋つきの虫...
古本と陶芸 あれやこれや・・・
陶芸 睦月
陶芸生活日記
C's projects...
陶芸の技法とレシピ
samanthaの食卓
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
陶芸教室むさしの プラザ
nonacafe庵『奥の...
蛸田窯・作陶日記
陶芸の技法とレシピ 第2章
横濱酒房&GALLERY...
noraな日々
林寧彦の陶芸ブログ
 ☆器とアンティークを愛...
トウゲイと ネコと ソノタ
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
daylifeweblog
「創樹窯/陶芸日誌」
 陶工房「上名窯」通信・...
第29回 陶炎祭(ひまつ...
とーげいやさんになりたくて
まいにちいろいろつくる。...
mamariの陶芸日記
Ulalaかな工房日記
器からつたわる~やさしい白~
手の先の事徒然に
concept-if~黄...
瀬戸の陶芸
陶芸のひとりごと
陶芸家・大江一人 『ロク...
ギャラリー 茶房 - 侘助 -
花と野菜と器たち
陶工房 八朔日記
桃青窯696
ユニオンスクエアの窯 ☆...
Love Letter ...
ふわふわ堂
ちいさなやきもの
陶房呑器ののんびり日記
陶芸の技法とレシピ 第3章
ペンギン・インコ陶つうしん
ハンドメイド&雑貨 nu...
うつわたび
つち・ときどき・ぬの
粉花* このはな
ムースのカナダ日記
ときどき棚から出して
たかね工房~Takane...
月讀窯     
ニューヨーク*ユニオンス...
陶と生活
おうさまカフェ
陶芸とか、毎日のこととか
野村亜土 つち日blog 
うつわづくり日記
器をつくりたいー!
こけし絵日記~津軽こけし...
ワゲモノの嵐!! ワゲモ...
paradiso tra...
Ehoma 陶芸ブログ
玄米工房「キャロット」か...
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他
カテゴリ:修繕( 5 )
珈琲豆と和食器のお店、なごみやさん。

今日は午前中に川口市の東川口へ。
新しいお取引先の珈琲豆と和食器のお店、なごみやさんに、
うつわの納品に行ってきました!

d0034025_2130857.jpg

こんなカップとか。

d0034025_21304830.jpg

ポットとか。

d0034025_21322075.jpg

ビアマグとか。

d0034025_2133089.jpg

そして自助食器もいくつか。


お店には焙煎からこだわった30種類のコーヒー豆が!
体質にあまりあわなくて飲めないのが何とも残念です...。

そして店内には和食器の販売コーナーもあります。
スペース的にはコーヒーの倍くらいあってかなり充実してます。

前にもチラッと書いたかもしれませんが、
一度3月末にお邪魔したところまもなくオーナーさんが変わるとのこと、
その後、ばたばたしていてなかなか伺えなかったんですが、
先週お邪魔したところ、カップなどを置いてもらえることになりました!

ほかの作家さんの器も陳列し切れていないとのことで、
お店に並ぶまでもしかしたら何日かかかるかもしれませんが、
お近くの方はぜひ覗いてみてくださいませ。

もちろんコーヒー好きの方にもお勧めですよ~。


なごみや
http://www.nagomiya-net.jp/〒333-0802
埼玉県川口市戸塚東1-9-9
TEL&FAX 048-297-8848
10:00~19:00 月曜定休
JR武蔵野線 東川口駅下車 徒歩5~7分


午後からは次の本焼きに向けて窯のメンテ。

d0034025_21344826.jpg

窯のカンタル線は長年の使用でこんなに反り返ってます。

何とか元に戻そうと強力なバーナーを買ってきたんですが...
ピンで固定したままだとなかなか伸びてくれません。
かといってピンを抜いてしまうとゆるくなるし。

そして何よりこの小さい窯で強いバーナーを使えば、
当然のことながら熱くてやってられません。
結局ひどく反った数箇所を直して断念。


そしてもうひとつ気になっていた底の棚板。
以前からひびが入って反っていたんですが、
何しろ窯とほぼぴったりサイズなうえにカンタル線が反っていたので、
棚板が取り出せなくなっていたのでした。

d0034025_21394965.jpg

結果的にはこんな無残な姿に。
断面からかなり反っていたのがわかると思います。
良くこんな棚板で作品焼いてましたね~。
タタラのお皿はこの板には置けませんでした。

反ってひび割れた原因はツクの位置を間違えていたこと。
小さい窯なので三点で支えていたんですが、
この棚板の上と下でこの三点の位置が互い違いになっていたのでした。

掃除機で破片やごみを吸い取って、別の棚板を敷いて終了。
これからは平らな棚板で焼けると思うと窯詰めも少し楽になります。(笑)
[PR]
by Potter-Y | 2010-06-03 21:45 | 修繕 | Comments(12)
窯は直った!?

先日、窯の配線の張替え中にカンタル線を折ってしまいましたが、
何とか自力で直そうと悪戦苦闘。

まずはこの作業に不可欠な...

d0034025_2111510.jpg

バーナーをホームセンターで仕入れてきました。

電気窯に使ってあるカンタル線、
常温のまま曲げようとするとパキッと簡単に折れちゃうんです。
なのでバーナーで炙って赤熱した所を曲げなくてはいけません。

大きいバーナーとどちらを買うか迷ったんですが、
片手にバーナー、片手にペンチを持っていても、
安全に作業できそうなのでこちらを選びました。

最初は火力が足りないかと思いましたが、
最大火力にしたらなんとか作業できました。

d0034025_2110253.jpg

修理前はこういう状態でしたが...

d0034025_21103656.jpg

格闘すること約一時間、
こんな感じに仕上がりました。

まずは窯の外から差し込んである金属棒の先端に、
ルーターを使って溝をぐるっと彫っていきました。
これはカンタル線との接地面をなるべく広くするため。

そしてバーナーを使ってカンタル線を温めつつ、
あっちを曲げ、あっちを延ばしとやっていたら、
なんとかきれいに巻きつけることができました。

メーカーさんによるとちゃんと溶接しないとショートして断線しますよ、ということですが、
さすがに溶接はやったことないので、
まずはこれで試してみるしかありません。

そして早速窯の電源をスイッチオン...



動いてます。(笑)

その後、100度ちかくまで上がったところでひとまずテスト終了。

後は素焼き、本焼きの温度にしっかり耐えられるかどうかです。
素焼きにする作品が溜まったらまた次のテストです。


一方、秋の「じぶんでたべる」うつわ展に向けての試作もぼちぼち進んでます。

d0034025_21364583.jpg

こちらは先日焼きあがったカップたち。
手前のネコ把手と、意外にも奥から二番目のペンギン把手が持ちやすかったです。

d0034025_21344820.jpg

ネコ把手をつけた碗いろいろ。

d0034025_2135173.jpg

把手の反対側には滑り止めとして魚が。

d0034025_21351059.jpg

こちらはノーズカップという、鼻の当たる部分をカットしたカップ。
鼻が当たらないので、頭を後ろにそらさないでも飲める形です。
手前は明らかにこまつかさんに影響されたペンギンカップ。(笑)
真ん中はイルカ、奥はサカナ、のつもりです。
ひれの部分に指が引っかかるようになってます。

そうそう、こまつかさんが「じぶんでたべる」うつわ展のブログを立ち上げてくれました。
良かったら覗いてみてくださいませ~。


d0034025_21361927.jpg

そういえば先日新たな道具を手に入れました。
1L用のポットミル、擂るための玉もたくさん入ってました。

でも見るを回す肝心な機械がありません。
なので手でコロコロ、足でコロコロ。
果たして効果はあるんでしょうか。(笑)
[PR]
by Potter-Y | 2009-06-23 21:46 | 修繕 | Comments(16)
窯が...。

今日は朝から久々の素焼きの窯焚きでした。昼過ぎにそろそろ終わる頃かなぁ~と温度を見てみると、なんと温度計は500度。しかも見る見る下がっていくではありませんか!!!

耳を澄ますと、電気窯に特有のブーンという作動音がしません...。

中古の窯を購入しておよそ半年、早くも寿命!?
と焦りつつも、制御ボックスを開けて覗いて見ると...。

d0034025_20575417.jpg

予想通り、切れてました。
購入時も同じトラブルがあったので、たぶんそうかなぁと思ったんですよね。
どうやら錆びた鉄が落ちてショートして切れたみたいです。

そうとわかれば治すのは簡単、焦げた線を外して、
つなぎ直して再スタート、これで一安心と思いきや...

いつまでたっても温度が上がらないし、作動音もしてません。

もしかして本当に故障!?
それとも焦げたのを外すときに手間取ったので、
中の熱線が切れちゃった!?

でもこんなとき、あせってあれこれやると収集がつかなくなるので、
まずは故障個所を見極めるのが大事です。

そんなわけでまずはホームセンターで買ってきました。

d0034025_217730.jpg

電圧とか通電を調べるためのテスターです。
前からあると便利だなぁと思っていたので、
値段も手頃だったので買っちゃいました。

ところが調べてみても断線は見つからず。
やはり本当に修理が必要な状況なのでは...。(汗)

少なくとも窯内部の断線ではないことが確認できたので、
最悪制御ボックスを送っての修理を覚悟していたんですが、
念のためと思ってスイッチを入れなおすと...。

あれっ、動くじゃん!!!

疑問は残りつつも、まあ動くんならいいとしましょう。(笑)
あとは最後までちゃんと温度が上がるかですね。

それはそれとして、秋の展覧会に向けた試作を開始しました。

d0034025_21133825.jpg

介護用のスプーンでもすくいやすいうつわのテストです。
右は良くある介護用の皿のデザインで、
一方が高く、他方が低くなっていてすくいやすいです。
でもデザイン的にあまり好きじゃないんですよね~。

左は今回テストしてみた形。
一箇所だけ高くなっているデザインです。

もちろん今回は見た目よりも実用性が第一、
とにかく焼いてみて、使ってみてからの判断ですね。
[PR]
by Potter-Y | 2009-02-04 21:18 | 修繕 | Comments(12)
金継ぎ その2

まずはtakanoさんから第三回WEB陶芸展用の景品をご提供していただきました。全投票者先着順の10、30、50番目の方にあたります!

以前手抜きの金継ぎ法をご紹介しましたが、今回は合成の漆を使ったやり方です。ちなみに第二回WEB陶芸展のボツ作品もこのやり方で金継ぎしました。

d0034025_23471142.jpgこちらはOさんの焼締のお皿。わざと立てて焼いたのだそうですが、ゆがみもあってひび割れてます。


d0034025_2348888.jpg食器にはしないということなので、市販のエポキシパテを使います。これは100均で買ったもの。


d0034025_23492899.jpgヘラなどを使って隙間を埋めていきます。少しはみ出すくらいにして、乾燥したらナイフややすりで削るとよいかも。


d0034025_23511976.jpg使用するのはハンズで買った合成の漆。大きめの釣具屋でも手に入るかも。透明の漆に金色の粉(真鍮?)がついてます。


d0034025_23531419.jpg漆に粉を混ぜ、専用の薄め液で少し薄めて塗っていきます。一度で塗らず何度も重ねるとよいかも。あとは数日から一週間乾燥させて完成です。


できとしてはもう一つ...Oさん、ごめんなさい!

技能賞への賞品となっている陶芸教室むさしのプラザさんご提供のウィークエンド漆職人/金継ぎ編ならもっとうまくいくでしょうか。

------------------------------------------------------------

第三回WEB陶芸展
作品受付締め切りまで12日。
少しずつ出品作が集まってきましたよ~。
[PR]
by Potter-Y | 2006-05-29 23:59 | 修繕 | Comments(3)
簡易修繕法
焼きあがった作品が割れていたり、釉が流れて高台が傷ついたりするのは残念だけどよくありますよね。でも漆を使った修繕はなかなか面倒なので、簡単にごまかす時に便利な道具をご紹介。使うのは100円ショップで見かけるこのようなパテ。
d0034025_1311650.jpg

いろいろなタイプが売られていますが、混ぜても色の白いものが使いやすいと思います。使い方は必要な分を切って混ぜるだけで、粘土のように扱えます。これでひび割れ部分やかけたところを補ってやれば、一日たてばすっかり固まります。跡はナイフなどで大まかに形を整えたあと紙やすりで削ります。そのままでも良いのですが、味気ない場合はこんなもので色付けしたり。
d0034025_13112876.jpg

これも100円だったりします。水性でも乾けば簡単には落ちません。そんな感じで簡単に直したのがこちら。
d0034025_13114748.jpg

こんな感じで金継ぎもどきの出来上がり。裏はちょっと汚いですけど。
d0034025_13115843.jpg



□注意□

あくまで見た目だけの修繕ですので、食器など実用の器には向きません。特にエポキシパテには毒性があるようなので、花瓶などの観賞用の器への使用にとどめたほうが無難です。
[PR]
by Potter-Y | 2005-03-03 23:08 | 修繕 | Comments(2)
最新のコメント
うつわのみせ はじめます..
by &#12514;&# at 05:58
Listed here ..
by AlbertKnoR at 23:43
ありがとうございますー。..
by Potter-Y at 01:56
それはすごく嬉しいです!..
by Potter-Y at 01:53
はじめまして。 三省堂..
by haruyoshi-k at 13:31
作品をみさせていただくと..
by ひ〜 at 21:51
ご無沙汰してます! 初..
by Potter-Y at 22:17
書店で展示会ですか。 ..
by てると at 07:57
コメントに気づかずすみま..
by Potter-Y at 12:48
ツイッターのアカウントが..
by 名乗るほどの者では…。 at 11:17
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
かわいいパクリ
from 陶芸の技法とレシピ 第3章
うつわ日和 - 堀越洋司..
from とーへんぼく
Hinomaru Ang..
from ニューヨーク*ユニオンスクエ..
展覧会ラッシュ。
from nonacafe庵『奥の院』..
公募展と個展と・・・
from 花と野菜と器たち
日本陶芸展とPotter..
from 陶片木
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
その他のブログ
ブログパーツ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧