S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ホームページ

HP開設しました。
作品集を公開中。
オンラインストア

作品をネットで販売中。
おしらせ
うつわ取扱店
ギャラリー・茶房 佗助
さいたま市のギャラリー。
手作り雑貨「coneru」
墨田区押上の雑貨屋さん。
なつかしcafe 朱莉屋
加須市のカフェ
山猫屋
藤沢市の猫雑貨店

お取り扱い頂けるお店を募集いたしております
お問い合わせはこちらへ。
メールフォーム
リンク

結果発表!!

陶芸総合情報サイト
公募展情報
片口普及推進委員会
片口普及推進委員会
ブログリンク
フォロー中のブログ
陶芸ブログ・さるのやきもの
てるみん陶工房
マチコの陶芸と趣味の日記
CLAY STUDIO ...
陶芸ブログ ぶらり
器・UTSUWA&陶芸blog
<陶芸ブログ> おぼえがき
染付屋回回青の気まぐれ日記帳
upbeat mood
おきらく★きまぐれ★陶芸日記
鹿児島の御茶碗屋つきの虫...
古本と陶芸 あれやこれや・・・
陶芸 睦月
陶芸生活日記
C's projects...
陶芸の技法とレシピ
samanthaの食卓
陶芸の日記みたいなもの
器が好き (パンも大好き)
カミ ⇔ ツチ ⇔ ヒト (仮
銀の道
ブルース日和 :風に吹か...
工房 「一閑」 気まま通信
陶芸教室むさしの プラザ
nonacafe庵『奥の...
蛸田窯・作陶日記
陶芸の技法とレシピ 第2章
横濱酒房&GALLERY...
noraな日々
林 寧彦(はやしやすひこ...
 ☆器とアンティークを愛...
トウゲイと ネコと ソノタ
毎日手紙を描こう★貰うと...
下手のよこ好き陶芸記録
daylifeweblog
「創樹窯/陶芸日誌」
 陶工房「上名窯」通信・...
第29回 陶炎祭(ひまつ...
とーげいやさんになりたくて
まいにちいろいろつくる。...
mamariの陶芸日記
Ulalaかな工房日記
器からつたわる~やさしい白~
手の先の事徒然に
concept-if~黄...
瀬戸の陶芸
陶芸のひとりごと
陶芸家・大江一人 『ロク...
ギャラリー 茶房 - 侘助 -
花と野菜と器たち
陶工房 八朔日記
桃青窯696
ユニオンスクエアの窯 ☆...
Love Letter ...
ふわふわ堂
ちいさなやきもの
陶房呑器ののんびり日記
陶芸の技法とレシピ 第3章
ペンギン・インコ陶つうしん
ハンドメイド&雑貨 nu...
うつわたび
つち・ときどき・ぬの
粉花* このはな
ムースのカナダ日記
ときどき棚から出して
たかね工房~Takane...
月讀窯     
ニューヨーク*ユニオンス...
陶と生活
おうさまカフェ
陶芸とか、毎日のこととか
野村亜土 つち日blog 
うつわづくり日記
器をつくりたいー!
こけし絵日記~津軽こけし...
ワゲモノの嵐!! ワゲモ...
paradiso tra...
Ehoma 陶芸ブログ
玄米工房「キャロット」か...
カテゴリ
タグ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他
撥水材の使い道④ 掛け分け応用編2
撥水材でもう一ネタ。

d0034025_2164728.jpg

まずは高台に撥水を塗ったら(1)、一つ目の釉薬を掛けて撥水材で模様を入れます(2)。しばらく時間を置いてから二つ目の釉薬を掛けると(3)、しっかり弾いてくれました(4)。

一つ目の釉薬を掛けた上に筆で二つ目を乗せればいい、と思うかもしれませんが、そうすると柄の部分は二種類の釉が重なって、それ以外は一つ目の釉薬のみとなるので、撥水を使う場合と効果が逆になります。それに筆で釉薬を乗せると濃くて細い線は難しいので。

焼きあがりはこんな感じになりました。
d0034025_2113435.jpg

もう少し流れるのを予想したんですが、これはこれでありかな。
[PR]
by Potter-Y | 2005-05-19 21:14 | 釉薬 | Comments(14)
Commented by yakimono.takano at 2005-05-19 23:04
きれいに抜けるんですね!
僕の知り合いの柿釉の作家さんは、柿釉を生掛けして
素焼き後、ロウ抜き、黒釉でやってました。
釉薬の、剥離が少なくなるようです。
でも、見た感じ、剥離の心配はなさそうですね!
Commented by Ehoma at 2005-05-20 01:02 x
最初、一つ目の釉薬を掛けて撥水材で一部を撥水しているのかなぁ~って思っていたら・・・・全体に線の模様を入れていたのですね(驚)
こういう黒と赤の作品を見るとドキドキしちゃいます。すごく渋くて素敵ですね!!
試してみても良いですか?
Commented by ukky_tg at 2005-05-20 01:22
写真で見ると、漆器のようでもあります。美しいです。
撥水剤って本当にいろいろな使い方ができるんですね。勉強になります!
Commented by yaduki-sion at 2005-05-20 01:44
ホントに漆器みたい。
・・・・・なんだか今ちょっとアイディアがうかびかけたのですが、焼酎一口飲んだ瞬間に消えました;;
私のアイディア、どこに消えたーー!?
Commented by 神戸の茶碗屋 at 2005-05-20 02:15 x
yadukiさん、たぶんclayさんのところに飛んだと思います。
根拠はありませんが。
Commented by Potter-Y at 2005-05-20 18:47
>takanoさん
柿釉の作家さんの手順だと大変ですね。特に釉の生がけは難しそう。
釉薬の相性なのか、下の釉に適度な粘りがあるのか、この組み合わせではほとんど剥離しませんよ。はがれやすい釉の場合は二度目は吹き掛けにしています、が、それでもよく失敗します...。

>Ehomaさん
そうなんです、中と外全体にラインを入れているのでけっこう大変!
最近はこの二色の組み合わせが好きですね。相性の良し悪しもあるので、色々試してみてください。
ここまで公開しといて、真似しちゃダメ、とはいいませんよ(笑)

Commented by Potter-Y at 2005-05-20 18:52
>ukkyさん
takanoさんの深緋釉もそうですが、やっぱり赤い色には引き付けられますね。
これでラインじゃなくて図柄を撥水したら本当に漆器みたいになりそう。

>yaduki-sionさん
もう一度同じ行動をしたら思い出すかもしれませんよ。でも焼酎飲んだらまた忘れちゃいますから。

>茶碗屋さん
でもclayさんはアイデアより焼酎がお好みかと。
Commented by asake at 2005-05-21 17:19
初めまして!
陶芸は好きなんですがこんな風に釉薬を掛けることが出来ません。
凄いですね。勉強させていただきました。
Commented by Potter-Y at 2005-05-21 20:14
>asakeさん
はじめまして。
釉がけは難しいですよね。しかもそこまでうまくいってたのがここで失敗するとかなりがっかりしますし。

この方法は複雑なだけに失敗も多いです。同じように掛けたつもりでも釉が薄いとまったく違う発色になったりしますし。

草木染めをされているんですね。リンクに加えさせていただきました!
Commented by yaduki-sion at 2005-05-22 01:49
結局アイディアは戻ってきませんでしたよ;;
「焼酎と共に去りぬ」・・・でしょうか。
反省したので、今日は杏露酒にしました。

クレイさんのところに飛んで行ったのなら、きっと今頃すばらしいアイディアが湧いて止まらないと思います;;
なんか悔しい。。。。
Commented by Potter-Y at 2005-05-22 19:57
そうですか、それは残念。
こうなったらclayさんに焼酎か杏露酒を送ってあげたらいいネタが帰ってくるかも。
Commented by yaduki-sion at 2005-05-24 01:07
やっぱりクレイさんのところにお邪魔していたようです。
完成品で返してもらおうと思ってます♪
Commented by 有限会社 新昭和コート at 2011-10-06 09:05 x
初めまして、新昭和コートの後藤と申します。
素晴らしい使い方ですね!
撥水剤と言う項目で検索してて、やってまいりました。
撥水剤とは陶芸では目立たない存在なのに、このように紹介されている事に感銘しました。
これからも、良い作品を作って行ってください。
ありがとうございました。
Commented by Potter-Y at 2011-10-06 18:33
>新昭和コート後藤さん
はじめまして。
そういえば昔はこんな作品も作ってました。
撥水剤、使ってない作家さんのほうが少ないかも、
というくらい大事な存在ですよ。
新たな商品開発も楽しみにしています。
最新のコメント
うつわのみせ はじめます..
by &#12514;&# at 05:58
Listed here ..
by AlbertKnoR at 23:43
ありがとうございますー。..
by Potter-Y at 01:56
それはすごく嬉しいです!..
by Potter-Y at 01:53
はじめまして。 三省堂..
by haruyoshi-k at 13:31
作品をみさせていただくと..
by ひ〜 at 21:51
ご無沙汰してます! 初..
by Potter-Y at 22:17
書店で展示会ですか。 ..
by てると at 07:57
コメントに気づかずすみま..
by Potter-Y at 12:48
ツイッターのアカウントが..
by 名乗るほどの者では…。 at 11:17
最新のトラックバック
venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
かわいいパクリ
from 陶芸の技法とレシピ 第3章
うつわ日和 - 堀越洋司..
from とーへんぼく
Hinomaru Ang..
from ニューヨーク*ユニオンスクエ..
展覧会ラッシュ。
from nonacafe庵『奥の院』..
公募展と個展と・・・
from 花と野菜と器たち
日本陶芸展とPotter..
from 陶片木
ありがとうございました。
from 工房 「一閑」 気まま通信
その他のブログ
ブログパーツ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧